junkotakijiri.com
葉桜を覚える | Junko Takijiri
歌や料理、香りで昔のことを思い出すのと同じように、私は単語で人を思い出すことがある。新しい言葉を覚える瞬間が、人とセットになっている場合がある。それが珍しくて、うれしいものだと、書いて整理したら気づいたという話。 「葉桜」の単語で、思い出す人がいる。「桜」では思い出さない。その人を見て、「葉桜」を思い出すこともない。単語で人を思い出すというのが不思議で、言葉の覚え方を整理することにした。私の、言葉と意味をつなげる方法は、今のところ大きく分けて2種類あるようだ。 1 新しい言葉を知る 2 すでに知っている言葉の意味を広げる そしてそれぞれが、次のように枝分かれする。 1 新しい言葉を知る 1-1 辞書をひく 1-2 人に教えてもらう 2 すでに知っている言葉の意味を広げる 2-1 人に教えてもらう 2-2 観察する またそれぞれに、それぞれの葉が生える。 1 新しい単語を知る 1-1 辞書をひく 1-1-1 納得できるまで説明文を読む 1-1-2 ひとつめの意味、ふたつめの意味.....と、別々に書かれてある意味を重ねるように読む 1-1-3 語源から想像をふくらませる 1-1-4 初見と実際のギャップを利用する 1-2 人に教えてもらう 2 すでに知っている単語の意味を広げる 2-1 人に教えてもらう 2-2 観察する 2-2-1 話しているのを聴く 2-2-2 書いてあるのを読む それぞれについて、詳しく見に行こう。まずは、新しい言葉を知るために、辞書をひく場合。 "Don't you love the Oxford Dictionary? When I first read it, I thought it was a really really long poem about everything." ― David Bowie 1-1-1 納得できるまで説明文を読む