junkotakijiri.com
(私にとっての)保存版:ブログのレシピ 10 Steps | Junko Takijiri
「書く」にテコ入れするなら、現状把握から。私のブログの書き方(2018 ver.)を、私のためにまとめたポスト。 1 初めにひとつ、決める 小論文の参考書に載っている、「まず結論から書く」や「1パラグラフに1メッセージ」のようなことに似ているが、少し違う。仕事でもの作りする時に、色々な役割の人が集まる会議で提示されるような、「このプロジェクトで実現したいこと」を決める。視点や取り組み方は数あれど、目的はひとつ、どの段階でも意識するように。できあがるまでの指針、立ち戻る場所。「~~~だと主張したい」というのは、そのひとつの形に過ぎない。硬めの文章の中で、「結論を一文で表し、最初と最後に配置し、真ん中に理由を入れる」こともあるが、サンドイッチばかりつくるのはつまらない。 目指したものの例: ・まちの教室KLASSの読書会:いわゆるレポートの型の探索 ・My Life with Words:履歴書フォーマットからの脱却 ・クラフツマンシップ:初めての本格的な翻訳 ・あまちゃん:水を想起する言葉のループ詩 ・風呂の蛇:動と静、蛇口から出てきた興奮の再現 ・スタートレック:コテコテのウェブライティングの型作り ・黄昏カフェ(ワードクラウド):議事録やレポートではない記録の型提案 2 自分に書く 言葉が意味をもって人に伝わる仕組みが不思議で、どうやったら「言葉にできる」んだろうと考えているばかりなので、その上「人にも伝えられて、共感される」を兼ね備えられるなんて奇跡だと思っている。だから「One of 読み手」に自分を置いて、そこに向けて書く。自分の拡張からしか書けない。どうがんばっても他者にはなれない。現場に行って見聞きしたり、勉強したりして、拡張させた自分にペルソナのお面をかぶせ、なりきることしかできない(マーケティング理論やリサーチのやり方で他者を想定することはできないけど、自分なりの分化、メタモルフォーゼのやり方があるのは気に入っている)。 3 道具を選ぶ