junkotakijiri.com
ぼくらの旅、しおりzine | Junko Takijiri
旅のしおり、型紙の覚え書き。無印の絵本ノート向け、カバーと印刷アイデア。 9月の終わり、大阪へ観劇に出かけることになった。久しぶりに観光もしようと、夫から「旅のしおり」作成を依頼された。 昔は、印刷した紙を折ってホッチキス止めする、修学旅行で使うようなしおりをつくっていた。ルーズリーフに貼ってリボンでまとめたり、じゃばらに折るタイプに凝ったりもした。 新卒でメーカーに入った私たちは、家のことも仕事のように、企画から製造までをプロジェクト化して遊ぶのが好きだ。旅のしおりに関しても、何度かつくったのち、旅行の一連の動線を見直し、問題点を洗い出し、改善策を考え、仕組み化し、品質改善に取り組んだ。 【問題点】 ・旅でガシガシ使うため、帰り着く頃にはボロボロに汚くなる。 ・薄いので、旅のあとに家の中で紛失する。 ・しおり!と意気込んでも、実はスケジュールと持ち物以外のネタに困る。いつも同じものをつくるのは、私の気持ちが上がらない。 ・ちょっとした旅の思い出アイテム、例えばチケット、レシート、プリクラ、ミニパンフレットなどを、机のそばの棚に放置してほこりをかぶせがち(なので私はわりと写真に撮って捨てるのだけど、夫は写真に撮ったうえで残しておく)。 ・観光本や地図も併用するので、かばんからあれを出しこれを出しと忙しい。 【しおりに求めるポイント】 ・「いつまでも大事にしておきたい感」がある。 ・汚れにくく、耐久性がある。 ・旅の期間もそのあとも、情報を一元化できる。 ・毎回、何かしらの「新しい取り組み」を実現できる。製造のときに作り手が新しい技術にチャレンジできる、かつ、出荷後 読み手が新しい視点を得られるように、「フォーマットに乗っかる部分」と「都度新しい部分」が共存する仕組みにしておきたい。行き当たりばったりではなく、「どう考えてつくるか」をあらかじめ決めておくことで、全体的な工数削減、およびプロセス改善をおこないやすくしたい。 【タキジリ家の旅のしおりのポイント】 ・無印良品の絵本ノートに、都度カバーをつくって使う。 →汚れたら洗える。カバーに旅の思い出を挟んで保存できる。かわいいので読み返したくなる、大事にしたくなる。適度な厚みで失くさない。 ・旅のしおりを雑誌だと考える。