junkotakijiri.com
(祝)ぼく自身の歌 | Junko Takijiri
ある人の、ある定期イベントの告知をtwitterで見た。 開催場所、日時、イベントの名前、それと内容の説明が少し。 「ふーん」とならなかったのは、 【告知】開催場所 9月17日 (祝)イベントの名前~~ 内容の説明~~~~~~~ と表示されていたからだ(よく覚えていないけどこんな感じ。日付は変えた)。 スマホのUIの関係か、「(祝)」の前に改行があり、「定期イベントの開催を自分で祝うのか。やけにめでたい人だな」と思った。 しばらくしてわけがわかった。祝日だ。 誰にも見られていないのに、恥ずかしい。 「見間違える君のほうがおめでたいよ」と努めて言葉を発し、落ち着こうとする。 ーーーーー 落ち着いた。 何かやるたびに自分で祝うって、すてきじゃない? たとえそれが、毎日、ルーティーンに関してだとしても。 祝い、祝福で、ホイットマンの詩「ぼく自身の歌」を思い出した。 「自身」のためにうたっているが、個人主義ではない。 他者、国、自然、宇宙と合一していく、拡張していく自己だ。 愛、自由、平等へのたくましい讃歌。 ぼくはぼく自身をたたえ、ぼく自身をうたう、 ぼくが身につけるものは、君も身につけるがよい、 ぼくに属するいっさいの原子は同じく君にも属するのだから。 ぼくはぶらつき、魂を招く、 ぼくはのんびりともたれ、ぶらつき、夏草のとんがった葉を見つめる。 ぼくの舌、ぼくの血のあらゆる原子は、この土、この空気からできていて、 この地で親から生をうけ、親もまた、そのまた親も同様に生をうけ、 ぼくはいま37歳、申し分なく健康で、出発する、 死の時まで止むことのないように願いながら。 教義や学派はほうっておき、 そのままでよしとして、ただ記憶にとどめながら、しばらくは引き下がり、 ぼくはとにかくかくまってやる、危険をかえりみず語らせてやる、 本然の活力をもった融通無碍のわが本性に。 私が好きなのは、同じ『草の葉』に収められている、「結局、わたしは」だ。 結局、わたしは、いまだに子どもみたいなもの、自分の名前の響きが嬉しくて、何度となく繰り返してみるんだから。 他人の気持ちでそれを聴いても ― まったく飽きることがない。 あなたの名前だってそうですよ ― 名前の響きがいつも同じだなんて、思わないでしょうね?