jp.tenasia.com
【PEOPLE】ソン・ユリという人物tenasia | tenasia
ソン・ユリ 「初めて演技をした時、演技が面白いからやるというよりは、仕事だからと思ってやっていました。ですが、それから少しずつ、面白さを感じ始めました。さらに突き詰めて演技をしなければならなくなった時は、「あ、これは私の進む道ではないな」とも思いましたが(笑)でも今は、「演技とはこういうものなんだなぁ」、と、実感し始めています。だから、今までとは違った役や、面白い役を演じてみたいです。そう、演技って面白いんです」 ―― 今、ガールズグループで活動しているが聞いたら、大きな励みになるであろう、一人の女優としての言葉だ。 写真=TENASIA ソン・ジョンヒョン ソン・ユリの父親。有名な神学者。ドイツ留学時代、現在の妻と出会う。 ソン・ユリも4歳まではドイツで暮らしていた。ソン・ユリはキリスト教徒で、まさか自分が芸能人になるとは思ってもいなかったという。 彼女は、漠然と教授やピアニストになりたいと思っていたようだ。さらには、外見に対するコンプレックスを持っており、女性歌手グループ・ピンクルで活動していた時期は、クローズアップされることが嫌で、ステージでは後ろに下がったこともあったそう。デビューのきっかけは、学生時代に写生大会で出かけたテーマパークでスカウトされたこと。 イ・ホヨン ソンユリをスカウトしたDSPエンターテインメントの代表。 ソン・ユリはDSPエンターテインメントの説得に応じ、練習生として生活し始めた。しかし、両親に反対されるのは目に見えていたため、兄に電車賃として一日4000ウォンを借り、 DSPエンターテインメントに通っていた。そのエピソードだけを聞いたら、芸能人になりたかったようにも思えるが、彼女はデビュー前まで、「歌手なりたいという」よりもただ漠然 と「他の道に進みたい」と思っていただけだという。だから、芸能人になった後も「ここは、私には合わない」と思ったそうだ。 ピンクル (FIN.K.L) ソン・ユリがメンバーの中で一番の年下であった、4人組の歌手グループ。 デビュー直後から、SESと共に、ガールズグループの全盛期を開いた。「Blue