jp.tenasia.com
KARA出身ハラさん、死体解剖はせず→遺家族に遺体を引き継ぐ…事件終結の兆しtenasia | tenasia
写真=共同取材団 ガールズグループ KARA出身ク・ハラさんが突然この世を去った中、警察が死体を解剖しないことに決定した。特異な点がなければ事件を終結する見通しだ。 26日、ニューシスによれば、ソウル江南警察署はク・ハラさんの死体を解剖しないとし、家族に引き継いだ。警察関係者は「遺族の陳述と現場の状況などをふまえた結果、犯罪の疑いはない」とし、このように決定した。ただ他殺の疑いに対する有無について、捜査をもう少し進める予定だ。 これまでク・ハラさんは24日午後6時頃、ソウル清潭洞(チョンダムドン)の自宅にて息を引き取った状態で発見された。家事手伝いが故人を発見し、警察と消防当局に通報したと知らされた。現場には身辺を悲観する内容が書かれた自筆のメモが発見された。 突然の悲報に、芸能界は衝撃と悲しみに陥った。特に先月死亡した、ソルリさんに対する痛みが消えない中、このようなニュースが伝わり、残念さはより増した。 たくさんの芸能人やファン達がSNSを通して、故人を追悼し、歌謡界の同僚たちはカムバックの日程を調整した。グループAOAはカムバックショーケースをキャンセルし、EXOも27日に予定していた音感会を取りやめ、カムバック予告オープンなどを延期した。 ク・ハラさんのお葬式は遺族の願いにより、非公開に行われる。代わりにファン達のためにカトリック大学ソウルソンモ病院葬儀場1号室で別途、弔問会場を準備した。弔問は27日0時まで可能だ。