iriscala.com
「イメージングと内観」│内観考察
私のブログは年を経るごとにどんどん理屈っぽくなってきてる気がしますが。。扱うエネルギーが深く膨大になるほど、比例して屁理屈も必要になってくるのだろう、という事にしておきます。(笑) さて。今回から章を改めて、ぼちぼちと自分の72天使の事を書こうかな、と思っていますが、その前に、独白カテゴリーの総まとめ、締めくくりとして。。同時に、新しく始める為の序文として少し書きたいと思います。 「72天使パーソナルチャート」をご利用の方の中で、72天使の事をイメージして擬人化したい、直接交流したい、とご感想やご質問をくださる方が割と多いのですが、今回はそういうお話になると思います。 いわゆる、「72天使やハイヤーセルフとは実際どうやって交流するの?どんなことに気を付けたらいいの?」という話です。 私は基本的に、自分が経験してきた事しか書けないので、今回もそういうお話になります。が、最近「知識」としての、頭で理解し整理する為の情報が足りないな、解りやすく説明する為にももう少し情報は必要だな、と思って、しばらくの間、図書館に通って資料探しをしていました。 心理学方面では主にユングの本を探していたのですが、その中で興味深い本を見つけました。 今回は、自分の経験を言葉にする為に、この本に補強をしてもらいながら、書いていこうかと思います。 これは裏表紙ですが、この紹介文にピンと来た方は、一度読んでみてください。 「アクティヴ・イマジネーション -ユング派最強の技法の誕生と展開-」(老松克博・著/誠信書房) 著者はユング心理学の研究者で、臨床心理士であり、医学部の先生です。日本の医療現場でユング派の技法を実践している医師は少ないらしく、著者は日本では第一人者であるようです。(本が出版された2000年当時の情報です) 読みやすい本でした。内容がスッと頭の中に入ってくる。 というか、頷く部分が多すぎて「ああそうだよね。そうなんだよ。そうなんだよなぁああああ~~っ。。orz」という感じでした。(どんな感想だよ) いや。。納得するところが多すぎてな。。。苦笑するしかない。←