iri-project.org
Library of the Year (LoY) 2017LoY2017 優秀賞・ライブラリアンシップ賞の決定について
IRIメンバーおよび外部推薦で寄せられた40施設・団体・サービスの中から第1次選考会、第2次選考会を経て、次の3機関がLoY2017優秀賞、2機関がライブラリアンシップ賞を受賞しました。 一次選考会の結果 LoY2017優秀賞 従来の図書館イメージを覆す図書館サービスを提供し、これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関を評価するものです。 (以下、順不同) LoY2017優秀賞:20年間継続されてきた地域資料のデジタルアーカイブ事業と将来に向けた取り組み 受賞機関:大阪市立中央図書館 授賞理由: 20年間継続されてきた地域資料のデジタル化と公開と今後のビジョンを示したことを評価。 授賞詳細: 大阪市立中央図書館は平成8年度より貴重資料のデジタル化と館内公開を開始し、平成13年度からはWebでの一般公開を行っている。20年間の館員の地道な作業の結果として公開されているその資料点数は、現在公開されているだけでも約2万8千点にのぼる。 デジタル化機材・ICTの急激な進歩、権利の在り方に対する社会的変化が大きい中、館員が技術的スキルアップの努力や権利処理を行ない、その取り組みを館員が共有・伝承し、組織として継続してきた。また、地域資料デジタルアーカイブ事業を昨年度大阪市が打ち出した「ICT戦略」の重要な一翼を担うものとして位置付けようと努力していることも称賛に値する。 LoY2017優秀賞:市民と行政が育てる もちより・みつけ・わけあう広場としての図書館 受賞機関:瀬戸内市民図書館もみわ広場 授賞理由: 6年間に及ぶ的確な図書館整備プロセスとこれからの図書館サービスのモデルを示したことを評価 授賞詳細: