iri-project.org
Library of the Year 2018候補機関の推薦を募ります!
2018年もLibrary of the Yearを実施します。 詳しくは、以下「LoY2018の選考について」をご参照の上、自薦他薦問わず、「良い」と思った図書館や機関を積極的に推薦してください。 ※LoY2018開催のためのクラウドファンディングを実施中です。皆様のご支援、よろしくお願いいたします。 <応募方法> Library of the Year 2018候補推薦フォームにて応募してください。 <応募期限> 2018年7月10日 たくさんのご応募、心よりお待ちしております。 Library of the Year (LoY) とは ●概要 「Library of the Year」は、IRIが図書館など全国の知的情報資源に関わる機関を対象として授与する賞で、2006年に始まり2015年をもって10年間を一つの区切りとして中止することになりましたが、その後、関係者や全国の図書館員などから再開を望む声が多く寄せられたため、IRI理事会で慎重に協議した結果、2016年度からは新しい賞の創設や選考過程の可視化など改善を加えた上で引き続き開催している賞です。 ●Library of the Year 2018について ・Library of the Year 2018では、公共的な取り組みだけではなく、他の「図書館やそれに準ずる施設・機関」(以下「図書館や機関」といいます)にとって参考になる優れた活動や、独創的で意欲的に取り組んでいる具体的な事例を評価し、広く知らしめることを目的とします。 ・対象となる館種も考慮し選考を行います。 ●LoY2018の選考について 他の「図書館や機関」にとって参考になる優れた活動や独創的で意欲的に取り組んでいる具体的な事例を評価します。 ※全国の「図書館や機関」を総合的に評価して、ベストなところを決めるものではありません。 1) 選考基準 ① 「図書館や機関」における他の「図書館や機関」の参考となる先進的な取り組みや活動について評価し選考する。 ② ここ数年程度の活動を評価対象期間とする。 2)選考対象 公立図書館、大学図書館、専門図書館、学校図書館、図書館団体、図書館関連企業など。 ※ 施設や機関の規模の大小は問いません。 3)推薦の取り扱い 推薦を頂いた図書館や機関等は、IRIの選考委員会による一次選考の候補とさせて頂きます。