iri-project.org
月刊ほんコラム 図書館司書のつぶやき連載第七回課題解決支援サービスの課題
課題解決支援サービスの課題 課題解決支援サービスとは、ビジネス支援サービスのように、図書館の資料(図書・雑誌・新聞等)やデータベース等による情報提供により利用者が自ら課題を解決する支援を行うという意味である。従来、図書館というと、読書を通じ教養を身につけるところ、楽しみとしての読書をするところというイメージの方が強かった。もちろん、読書を通じ教養を身につけたり、楽しみとしての読書が重要でないということはない。とくに「教養」は、主権者として政治的判断をするときには、なくてはならないもので、近代の民主制においては、教育が重視され、学校教育や社会教育によって、市民的教養を主権者が身につけることが要求されている。古代の民主制は衆愚政治により失敗し、それがため、政体は、民主制、貴族制、君主制を循環するというような考えもあった。アリストテレースは哲人政治を理想とし、万人は哲学者であると言っているが、万人が哲学者たりえれば、優れた人の専制(優れた人でも専制は専制だと思う)でなくても、民主制のメリットは大きくなってくるだろう。近代の民主制が主権者の教育制度とセットであるのは、当然、こういう背景がある。公共図書館もこの重要な要素である。一定の教養や知識が共有されていれば、本当の対話やディスカッションが可能となる。専門家のディスカッションは専門的知識の共有によって成立しているが、一般人においても、とくに、政治においては、一定の教養や知性がないと、ディスカッションというより、ただの言い合いや利益の取り合いに堕してしまう。政治というものが、特定の集団のものではなく、一般社会におけるものであるとすると、一般教養や知性は必須なのである。 しかし、教養ないし知性というものは、ある国が戦争をするかしないかといった局面では、大いに役に立つが、潰れそうな自分の店をどうしようかとか、深刻な病気にかかってしまい、治療法を選択しなければならない時にどうしようとか、そういう時にすぐに役に立つかというと、普通はそうもいかない。そんな切羽詰まった課題に、必ず図書館が応えられるというわけでもないが、しかし、まったく応えられないということもない。とくに、資料や情報源が豊富で、検索システムが充実し、それらを案内する司書の水準が高ければ、役に立つ可能性はどんどん高まってくる。