iri-project.org
月刊ほんコラム 図書館司書のつぶやき連載第六回学芸員は「がん」発言の根底にあるもの
学芸員は「がん」発言の根底にあるもの 地方創生担当大臣が、「文化学芸員」は「がん」と発言したことで、だいぶ波紋が広がった。「文化学芸員」という言葉は変な言葉で聞いたことがないが、「文科系の学芸員」という意味のことなのだろうかと、勝手に解釈している。大臣としては、こういう学芸員が文化財の維持・保存にこだわるあまり、それを一般の人、とくに観光でやってくる人々に見てもらったり、理解してもらったりすることについて配慮が足りないということを言いたかったのだろう、と勝手に推測する。 「観光」も、かつてのものとは大きく変わってきた。雑な話をすると、日本でかつて観光というと、みんなでバスに乗り、同じ旅館に泊まり、お酒を飲んでどんちゃん騒ぎという感じだった。今も、バス旅行は流行っているが、むしろ、個人や少人数がベースの観光の方が主流であろう。そうなってくると、みんなでわいわいすることよりも、実際に訪れる土地の自然や歴史・文化等を深く学びたいという人が増えてきているのは間違いないと思う。そういう時に、学芸員がかえって、難しい雰囲気にしてしまって、それらの人々の興味をそぐようなことをしたり、こんなことがあったら楽しいのにという期待を裏切るようなことをしていると言いたいのかもしれない。 それはそれでわかるところもある。しかし、あえて、学芸員の資格を持っていない、司書の私が反論すると、まず、博物館や美術館の展示は、過去に比べて格段にわかりやすくなった。私自身が美術館が好きでよく行くので、架空の話をしているのではない。今の学芸員が、もともと込み入った難しい内容を、かみくだいてわかりやすく伝えようとしている努力はもっと評価すべきだと思う。