i-am-adhd.com
【ADHD】1000円カット、カットモデル、訪問美容のメリットとデメリット【Golem】 | I am ADHD
こんにちは。 フットワークの軽さと同時にすぐ疲れるLINEスタンプ屋、Golemです。 本日は、美容院についてまとめました。 【美容院なんて行きたくない】 発達障害をはじめ、なんらかの精神障害を持っている方のお話では、 美容院がとにかく嫌い!という話をたくさん聞きます。 美容師さん、無理にコミュニケーション取ってくる 無駄な気を遣ってしまう 美容室にすっぴんジャージで行きづらい など、色々あると思います。 確かに、ガツガツと接客してくる人の対応にこちらが疲れてしまったり やけに緊張感の漂う、またはウェーイ系の空気漂う店内の影響を受けてしまうことはありますよね。 なので「なぜ美容院に行きたくないのか」その理由を私自身で想像するのは限界があるので Twitterでアンケートをとってみました。 もちろん、発達以外の方の意見も参考にしておりますが、いかんせん私のTwitterを見てくれる人は半数以上が発達障害だと認識しています。その点はご承知ください。 【美容院が苦手な理由 TOP3 】 (※当アカウント比@506drunker) <第1位> 無理矢理な世間話を持ちかけられるから 美容師に限らず、サービス業のなかには"指名をとる"ことが大切なものってありますよね。 楽しく話をできればいいのですが、相性の見極めができなければ逆効果っていう顕著な例。 別に話したくて来てるわけじゃないし。髪切ってほしいだけだし。 <第2位> なんか居心地悪い 居心地の良し悪しは、行かないとわかりませんよね。 ちょっと小洒落た感じのお店となると、お客側が勝手に緊張してしまうことも。 また、何人かのお客さんがいるとそっちに目が行ってしまってそわそわしたり。 「あーっ!お客さん、もうちょっと首上げて!!そう、この状態で動かないで!」 そのうえ、聴覚過敏を持っている方だと余計落ち着かないことでしょう。 <第3位> 指名がだるい 技術や相性の善し悪しはもちろんあると思います。ですが、 これから指名をして、この人にやってもらおう!と決めるのは 意外と神経を使ったり、こだわりが強ければ強いほど困惑しますよね。 ほか 予約がだるい おしゃれな服装ができないから 床屋LOVE 神経を使う割には料金が高い などなど。