i-am-adhd.com
【ADHD】衝動に負けず、クレジットカードを利用するコツ【Golem】 | I am ADHD
こんにちは。 こちらに寄稿させていただくことになりました、Golemと申します。 LINEスタンプを作っているADHD当事者です。 ADHDのみなさんの中で、クレジットカードを扱うときに困っていることはありませんか? 普段のお買い物にクレジットカードを利用している方も多くいらっしゃるかと思います。 こんなお悩みはありませんか? 「衝動的に、これほしい!と思い余計なものを購入してしまった・・・」 「引き落とし口座の金額が足りていない!また追加徴収が来てしまった・・・」 すべての人に当てはまるものではありませんが 私が対策としてやっているもの、過去やっていたものをご紹介します。 うまく使えば、かえってお財布の負担を減らすこともできますよ。 【ADHDのクレジットカード金銭管理術】 →カードを利用したら、記録する 基本中の基本。レコーディングダイエットと同じで、 常に記録することで、お金に対する注意をコントロールします。 日頃の不注意は外部記憶でカバーする ってやつです。 手段は色々あります。 スマホの家計簿アプリに記録を残す カード会社のアプリと連動させる アナログ派は手帳やメモに書き込む やり方は、なんでもいいです。あなたの扱いやすい方法で。 大切なのは、いつでも見れるようにすることです。 電車や、病院の待ち時間にささっと目を通しておけばいいです。 →引き落とし専用の口座を決めて、"一定の額"しか入金しない 記録を見れるようにしたら、次は目標金額です。 いくらまでしか使わない!と頭の中で考えるだけではダメです、どうせ超えるから。 例えば 引き落とし口座には5万円までしか入れない!と決めたらすぐに余剰分は出金です。 いくらにするかは、あなたの懐事情によって変わると思います。 「○○円以内」って抑えていけば追加徴収の必要はありません。 それだけじゃありません。さらに何がいいかというと 給与の振込などで入金があったら、余剰分を貯金にまわすことができます。 プラスしたら、手数料がかからない時間に引き出して貯蓄用の口座にまわしておきましょう。 使いすぎる&なかなか貯金ができないADHDにとって一石二鳥! →固定費のみをカード払いにして、押入れに保管する