i-am-adhd.com
【ADHD】旅行では時間を管理してくれる相棒が必要【発達障害】 | I am ADHD
おはようございます! 今日の岡山はあいにくの曇りで雨が少し降ってます…。 ここ数日、船に乗って島を巡る旅をしていますが、朝は早く夜は遅い生活の疲れが溜まって来ました🤣 この旅で強く感じたのが、発達障害の人がとっても困っている"時間管理の難しさ"です。 実は、東京での生活は多少時間にルーズでもそんなに困らないのです。 電車やバスを逃しても数分以内に次の便が来るし、時間を持て余しても潰す場所もある。 ミスったー!という自己嫌悪と人から怒られるくらいで済みます。 (それは"くらい…"なのでは無いでしょうけど) 万年遅刻魔のわたしにとって今回の島巡りは本当に大変でした。 船は時間を待ってくれないし、乗り損ねたら次の便は2〜3時間後。もしくは次の便はなく島に閉じ込められる! 船の時間を重視しても観光もしたいので予め時間を割り振っておくと緊張して見た気がしない! こんなに常にハラハラするくらいなら行きたくないとまで思います。 そこで今回活用(?)したのは、24歳になったくせに恥ずかしげもなく言います。 母親タイマー!!!島の地図、船の時間、寄る予定の場所の情報などを全て書き出して母親に渡す! そしてわたしが怪しい行動をしたら声をかけてもらう! そうすることによって無事島を巡ることができました! 以前書いたものがあります。 これがあれば何時にどの船に乗るかなどがわかります。 見たい場所も予めピックアップしておく。 もし突発的に出てきたら時間の余裕を瞬時に理解できる。 そうしてわたしは無事にかなーりタイトで頭のおかしい勢いのまま島を巡りました! 大切なのは自分がわかりやすく書くことですが、 確実に書かなくては行けないことが以下のことです。 出発場所、出発時間 行きたい場所と、経路経費、かかる時間 目的地で滞在できる時間を逆算しておく 上記を寄る場所全て用意万が一乗れなかった時の手段は別のページ これをA4サイズくらいの紙に書いて4当分しておけば、使いやすいハンディガイドブックになります。 そしてそれを母親にも渡す…!完璧! 毎回旅行先でこれをするためにかえって旅行が億劫になっているのも事実です。 ただ東京ならのんびりで良くても島から出られなくなったら笑い事では済まないので、島旅行に関してはやむを得ないです…🙂