i-am-adhd.com
【ADHD】病院代に対する優先順位が異常に低い理由【育ち】 | I am ADHD
こんばんは。 1月に1度の更新が板についてきたHulaです。 板についた・・・じゃなくて習慣化して"しまった"かな(๑・̑◡・̑๑)ダメダコリャー しょっぱなからとんでもなくお恥ずかしい話を書きます。 私の家の場合は母親が宗教や育ちの関係で病院や薬を嫌っていたため、病院への受診経験はほとんどありませんでした。 風邪やインフルエンザ、発達障害の診察すら行ったことありません。 なので私は高校を卒業するまで"病院代"というものを全く意識せずに育ってきました。 病院代って自販機のジュースや洋服のようにはっきりと金額はかいておらず点数で計算されるし、何の検査をするかによって変わるので人に聞いてもはっきりしないじゃないですか? 発達障害の私にとって予測のつかない場所へ飛び込むのは清水の舞台から飛び降りる・・・というか本当に怖いことだったのです。 専門学校へ進学した時に花粉症のような症状が突然発生したのと、なぜか人の声が聞こえにくいので病院に行かざるを得なくなった時、これは飛び込むの怖いという状況じゃない・・・と思い、母親に相談したところ"全額出すから早く行け"といわれ、ついに初めて一人で病院に行きました。 耳鼻科でくしゃみが止まらず鼻みづがつまり困る、人の声が聞こえにくい時があるのを伝えたら、アレルギー検査と聴力検査を勧められたのでしました。 すると・・・お会計が・・・¥7,000 (^ω^ ) ふぁ・・・ふぁあああああ!?3割負担で¥7,000!?てことは10割負担なら約¥23,000!!?? そしてお薬代がドドドンドーン\(^o^)/ 大金を出して検査した結果はアレルギーのお薬を今後も継続(ということは診察代がずっと必要!?)なのと、聴力は異常なし。強いて言えば平均よりは劣っている。だけ。 高校に入学してからアルバイトをしていたため、世の中の値段というのはわかっていましたが、病院のお金がこんなにも高いというのは知りませんでした。 友人にその話をしたところ、 「初診だから高いんだよ」とか「検査内容が高いんじゃない?」など いろいろとアドバイス?をもらいましたが、最初に感じたインパクトはバカでかすぎたため、それ以降耳鼻科どころか全ての病院から逃げていました。