i-am-adhd.com
【ADHD】カクテルパーティー効果【ASD】 | I am ADHD
ここ最近アナログ続きだけどそろそろデジタルにします。私ずっと勘違いしてたことがあります。カクテルーパーティーという現象について周りに様々な音があると適切な音を拾えず目の前の人と話すのにも障害が発生することかと思ってたらまったくをもって逆だったんですね…。定型の人はこの音を選択する機能が備わっていてそれのことを"カクテルパーティー"と呼ぶんですね。そして発達の中で聴覚過敏がある人にこの機能が不足している場合がおおいともありました。その状況を"カクテルパーティー効果が弱い"という書かれ方でした。聴覚過敏との関係性は分からないけど比較的ASD(自閉症スペクトラム障害)の人が多い傾向にあるそうです。私はASDの診断はされていませんが昔から人が多いところや音がいっぱいあるところだと、目の前でしゃべってる人の声が聞こえず何度も何度も聞き返すことがよくありました。なのでASDではないがこういった状況が起きる人には聴覚過敏用のデジタルイヤフォンなどがあると多少違うとは言いますが実際のところどれくらい違うのかは分かりません。ADHDが強く出ていると人だと、本当に聞こえていないのか目の前のことに集中がそれて耳が傾けられない可能性もあるのかな?って思いますが素人考えなので信じないでくださいwただ本当に私もアルバイトしてたころに目の前の店長が話す言葉がところどころ抜けてしまうので何度も聞き返したら「耳鼻科へいけ」といわれたので行きました。ただカクテルパーティー効果って耳の機能時代の問題じゃなく脳機能の問題なので耳鼻科で調べてもわからなかったんですよね。むしろ耳は良く聞こえているといわれました。(毎日酷い音量で音楽聞いていた時期もあったけど)ただ私の場合は、コンビニでアルバイトしていたので店内放送やお客さんの話声、作業音と店長のしゃべり声がすべてミックスされて聞こえるため、目の前で話されても何を言っているのか本当にまったくもってそこだけ空白のように聞こえるんです。うーん。今回調べて凄い理解度高まった気がする。Wikipedia様様ですね。一応引用元として書いておきます。【引用:カクテルパーティー効果】【引用:自閉症スペクトラム障害・ASD】By Wikipedia〈※Wikipediaは確実に正解を書いているとは限らないので 気になることはお医者さんに聞いてください!私はよく間違えます〉毎