i-am-adhd.com
【質問箱】自分を好きになるってなんだろう | I am ADHD
こんばんは。 今日はTwitterで公開しているTwitterでこんな質問をいただきました。 私もずっと自分に自信を持てずにいました。 幼少期は貧困世帯、新興宗教とオーガニック主義の母親のもと 普通の子がするようなオシャレや美容室も何も知らずに育ちました。 学生になってお金を稼いでも経験がない分興味はもてませんでしたし、 他の人がオシャレやお化粧をしている姿を見ても自分とは違う世界と思っていました。 自分は気がつけば歳をとる一方。周りを見渡せばみんな容姿抜群、体型もセンスも完璧。 洋服とお化粧にお金をかけて、持ち物はセンスが良く自信に満ち溢れた顔で外を歩いている。 それに比べて自分はどうだ。 稼いだお金は全て飲み食いや無駄遣いに費やして、 服はいつもよくわからないまま買ったものばかりで 体型を隠すのに必死なデザインばっかり。 服を買うこと自体が金銭的にも精神的にもきつかったです。 訳がわからないものにお金を払うってすごい嫌ですよね。 楽しくないし、他のことに使いたいし。 でも周りの子のように自信を持って生きるのには同じものが必要な気がして とにかく化粧を勉強して、無難なファッションを見つけて ひたすらひたすら意味のわからないことをしてきました。 私は先ほど書いた通り、服も化粧も興味ないし、外の世界は可愛い子しか生きていけないと思っていました。 でも実際は違うと思います。 本屋で売っている本の表紙に写っている人やテレビに映っている人はあくまで "それ"を売りにしている人であって、それが大衆的なものという理由にはなりません。 そうとなると質問者さんが親御さんから化粧を勧められる理由が"女らしさ"ならば、その"女らしさ"を守る必要はどこにあるのでしょうか? 服を買ったり化粧をするのはそれらを肯定させるためなのでしょうか? 違うと思います。 あくまで服や化粧は自分を楽しくさせるものであって、無理やりやるものではないと思います。 服と化粧は一つの自己表現だと思います。 自分が楽しいと思わなければどんなものを身につけても意味がありません。 質問者さんがもしオシャレをしたい、もっと自分に自信を持ちたいと思うのでしたら、