i-am-adhd.com
【ADHD】障害者年金の申請に6ヶ月、審査に4ヶ月【発達障害】 | I am ADHD
こんばんは。眠れないのでブツブツ呟きながら書いていきます。 前回障害者年金の申請にお金がかかりすぎるという問題を書きました。 お金がなくて生活できないのに対する支援なのに その支援をお願いするのに約束はできないけど1万円払わないとお願いすることも出来ないというなんかおかしな問題です。 でも、私が一番問題だと思っているのは 『本当に障害者年金を必要としている人が申請するのに必要な工程がどう考えてもクリアできない難易度である』ことだと思ってます。 まぁ不正受給を防ぐために仕方がない部分はあるかと思いますが、 そもそも障害者年金はいろんな障害の人が申請するので特定の障害のみ簡略化などできないのは分かりますが、 疲れ果ててペンを握るどころか起き上がることもできない人も対象になっているのに、自分で書けないなら代理で行政書士の方などにお金を払わないと書いてもらえない。しかも報酬は成功報酬で、【支給○ヶ月分後払い!優しい!】みたいな状態って少し異常な気がします。 私は発達障害なので、発症時期は生まれた日。 なので小さい頃からの発達障害エピソードをひたすら書く必要がありました。 大きなA3の両面書き用紙に「○年○月〜なことがありました」 とひたすら書いていきます。 幼少期といっても、未就学児の頃、幼稚園の頃、小学生の頃、とかなり細分化して書く必要がありますので 両面書けるA3の大きな紙も3枚必要になりました。 発達障害で安定して働けなくなるくらいなので楽しい事より辛いことの方が多い人生だったので 書けば書くほど自分の辛い思い出が昨日のように感じられるので、筆も進むわけがありません。 書いては寝込んで、書いては落ち込んで、書いては泣いて、気持ちが上がる方なんてない毎日になりました。 なので私が初めて書類をもらってから書き終わるまで6ヶ月以上かかりました。 先生には細かく書いたね〜と言われたので、実際はもっとシンプルで良かったのでしょうが 1つ思い出すとフラッシュバックしてしまうので、書かないと気持ちの整理が出来ずさらに寝込むので 最低限必要なことを書いたつもりでもこのざまでした。