horror.3ml.tv
【心霊・幽霊話】塩持ってきて!【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】 | 夏のホラー、冬のホラー
昔通ってた小学校の七不思議のひとつに、『○○スーパーの横の赤いドラム缶』っていうのがあった。 学校からは二百メートルくらい離れているけど、なぜか小学校の七不思議の一つになってた。 内容としては以下。 ・○○スーパーの横にある赤いドラム缶は、もともと青かったが血で赤くなった ・ドラム缶の上に赤い水が溜まる ・上に爺さんが座っているのを見たら、逃げないと捕まえられる というものだった。 それでも隠された場所にあるわけでもなく、歩道に若干はみ出して置かれているので、いつでも誰でも見ようと思えば見れる。 ところがある日、クラスメイトのAが、「たまってた」と言い出した。 「学校来るとき見たの、ドラム缶に水が溜まってた。赤い水が」 雨水が溜まったんじゃないかなと思ったけど、今朝も昨日も雨は降っていない。 そもそも学校行くときに通る道なので、ドラム缶なら私も見た。 「水なんて溜まってなかったよ」 「見間違いかなあ・・・」 ちょうど水が溜まるところは錆びていて、普通の水が溜まっていても赤っぽく見える。 きっと見間違えたんだろうとなった。 それでも放課後になればやはり気になってきて、Aと私で見に行くことにした。 怖いね、本当に赤かったらどうしようね、なんて言いながら○○スーパー横についた。 壁と壁の隙間から三分の一ほどは道にはみ出しているドラム缶はやっぱり赤い。 「水なんて溜まってないよ」 ドラム缶の上に、水は溜まってない。 サビが浮いた面が見えるだけ。 「なあんだ」というのと「よかった」、というのが半々な気持ちだったけど、やっぱりどこかほっとした。 何もないことはわかったけど、薄気味悪いというのがあって、さっさと帰ろうと背を向けた。 数歩ほど歩いたあたりで、背後でAが突然「あーッ!」と大きな声をあげた。 振り向くと、Aがドラム缶の方を向いたまま、じりじりとこちらへと後ずさりしている。 どうしたの、と言いかけて私の動きが止まった。 さっきまで確かに乾いていて、水など一滴もなかったドラム缶の面から、ぱたぱたと水滴が落ちている。 そんなわけない、水は確かに無かったのに。 恐る恐る近づいた。 「ひぃぃぃぃ・・・」 壁と壁の隙間、間近に立たないと死角になるような狭い場所に、人がいた。 ガリガリに痩せこけて、ボロ布を纏った老人。