horror.3ml.tv
【心霊・幽霊話】金縛りの実験【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】 | 夏のホラー、冬のホラー
以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。 金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚で、本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをしてしまうために起こる現象なのだと一般的には言われていて、俺も全くそうだと思う。 じゃあ、金縛りが起きた時、実際にその様子を他者的視点から見たらどう見えるのか。 俺はそのことに興味がわき、実際に自分の寝姿をビデオに撮ることにした。 寝る前にカメラをセットし、寝てる間に金縛りに遭ったと思ったら、朝起きてビデオを確認するという段取りだが、そう都合よく金縛りに遭遇することもなく、始めてから2ヶ月くらいは空振りの日々が続いた。 ある日の夜、ついにそのときが訪れた。 その日は特に疲れたということもなく、今日も空振りだなと特に期待せず眠りについたのだが眠ってから、感覚的に4時間くらい経って(自分の中では夜中の3時くらい)に金縛り直前特有の嫌な感覚が襲ってきて、直後に意識が覚醒したと思うと同時に体が硬直。 ついに来たか!という興奮と、冷静になろうとする感情が入り乱れる。 今回の目的は、金縛りになることもそうだが、この状態をいかに長く持続させるかが重要だ。 長時間金縛り状態を保たないと、ビデオを見たときにどこがそれだったのかわからない可能性が高いからだ。 俺はリラックスしすぎないように手や体を動かそうとしながら「やはり動かないな」などと妙に冷静な状態を保つことができ、金縛りになってから5分くらいは経った感覚があった。 この状態を保つのにも疲れてきて、もうそろそろいいだろうということで、最後の仕上げにかかった。 今回、金縛りに遭うことのほかに、自分の中である計画があった。 金縛り中に思いっきり叫んでみたらどうなるか、だ。 金縛りの最中、思いっきり叫ぶその様子を外から見たらどう見えるのか。 本当に叫んでるのか。 それとも叫んだと思っただけで実際には叫んでないのか。 それが知りたかったので俺は金縛りの最後に全身全霊を振り絞って「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!」と叫んでみた。 確かに自分では叫べたと思った。 叫んだと同時に力を使い果たし、意識が遠のいて、気がついたら朝になっていた。 その日、妙に体がだるい。