horror.3ml.tv
【#心霊体験】鉛筆を握り締めた手【#こっくりさん】【#怖い話】 | 夏のホラー、冬のホラー
【#心霊体験】鉛筆を握り締めた手【#こっくりさん】【#怖い話】俺が中学の時の実話っす。 その頃俺が通ってた中学では一部の女子を中心にこっくりさんが流行ってたのね。 まあ小・中学生の頃は、誰でも一度はやったことがあると思うけど。 俺らの地方のこっくりさんは、鉛筆を使ってました。 向かい合った二人が互いに鉛筆を握り合うようにして、机に置いた紙に記述していくというパターン。 俺は参加しなかったんだけど、オカルトには興味あったんで女子がやってんのをよく見てたんです。 女子にしてみても、男がいたほうがなんか心強いらしくて。 んである日の放課後。 いつものように3~4人の女子がこっくりさんやってたんです。 その日はこっくりさんをやるのが女子ふたり(A子、B子とします)、見てるのが俺と友達の男子(C男)、女子ふたり。全員で6人。 A子とB子が鉛筆を握って、いつも通り「こっくりさん、こっくりさん・・・」なんて始めました。 質問するのは「あの男子がすきなのは誰か」、「彼氏はいつできるか」なんて他愛もないもの。 俺は雑誌なんかをめくりながら、内心嘘くせーなーなんて思いながらも見てたけど、女子はキャーキャー言いながら喜んでた。 場の様相が変わったのは、それからしばらくして、こっくりさんの素性を聞き始めた時から。 記憶が曖昧だけど「あなたは誰ですか?」とか質問したんだと思う。 急に鉛筆の動きが不安定になって、紙にグチャグチャ文字とも絵とも分からないものを書きなぐり始めたのね。 もう質問にも答えず、ただ滅茶苦茶に鉛筆が動くだけ。 皆が(なんか様子が変だ)と思い始めて、もう止めよう、ってことになった。 んで紙を変えて「お帰りください」なんて言ったんだけど、鉛筆はグチャグチャ動きながら「イ・ヤ・ダ。」 オカルト好きな癖にビビリのB子はもう半ベソかいてるんだけど、A子ってのは割と度胸があって「ではどうすればいいですか?」って聞いた。 その答えは「カ・ワ。」 カワ?中学から徒歩5分くらいのところにでかい川があるから、その川に流せってことか? と思った矢先、B子が恐怖にかられて鉛筆から手を離してしまった。 傍観組の女子は「B子、勝手に手を離したらヤバいよ」なんて言ってたんだが、B子は「ごめん、でも怖くて~」と半泣き。