horror.3ml.tv
【動画】【#奇跡体験アンビリバボー】【#死後の世界】独占取材!脳外科権威が発表★死後の世界はあった | 夏のホラー、冬のホラー
【動画】【#奇跡体験アンビリバボー】【#死後の世界】独占取材!脳外科権威が発表★死後の世界はあった昨年10月、脳神経外科の世界的権威、エベン・アレクサンダー医師の「死後の世界は存在する」という発言が大論争を巻き起こしている。 実は、エベン・アレクサンダー医師は、各国の医学会議に招かれ、数々の賞を受賞、アメリカのベストドクターに選ばれた経歴を持つ。 これまで、死後の世界の存在を完全に否定してきた人物だった。 臨死体験に関しては、現在、懐疑的な声の方が多い。 だが、エベン医師は臨死体験はもちろん、「死後の世界はある」と強く主張。 もちろん彼も、最初は死後の世界など信じていなかった。 エベン医師は職業柄、臨死体験をしたという患者の話はよく聞いていたのだが、ずっと聞き流してきたという。 なぜエベン医師は、これまでの意見を180度変えることになったのか? 今回 我々は日本のメディアとして初めて、エベン医師の独占取材に成功!! 今から60年前の1953年に誕生したエベン。 父もまた、脳神経外科の医師だった。 そのため、エベンは幼い頃から、科学で証明できないものは信じなかった。 エベンは、医学・科学における分野の名門、デューク大学を卒業すると、アメリカやイギリスの大学病院で、臨床医として数々の脳外科手術を手がけた。 その後、世界でトップクラスと言われる、ハーバード・メディカル・スクールの脳神経外科に在籍。 200本を超える論文を執筆し、研究者としてもその名は知れ渡った。 そんなエベン医師が死後の世界を信じる事になったきっかけは、今から5年前、54歳の時だった。 細菌性髄膜炎で昏睡状態に陥り、以前の勤務先である総合病院の救急センターに搬送されたのだ。 細菌性髄膜炎とは、細菌が脳や脊髄を包む髄膜に感染し、脳を直接攻撃する、恐ろしい病気である。 しかも、エベン医師の脳は、最も悪性度が高いと言われる大腸菌に冒されていたのだ。 これは、成人では1千万人に1人という極めて稀な病気で、致死率は90%にも達する。 昏睡状態が長く続くと、覚醒しても重度の障害が残る可能性が高く、発症前と同じ状態に回復した症例は1例もないという。 エベンの容態を聞いた親族や友人は、病院を訪れ、入れ替わり立ち替わり、目を覚ますように祈りながら手を握った。