homoeopathy-saitama.com
手足口病が猛威を振るっています | 日本ホメオパシーセンターさいたま御蔵
手足口病とは手足口病とは、その名のとおり、手のひら、足の裏、口の中に痛みをともなう発疹が現れる急性のウィルス感染症です。 いわゆる夏風邪と呼ばれるものです。 発疹は米粒大でやや盛り上がっており、水疱化するものもあります。 発疹以外にも発熱がみられることもあります。 手足口病にかかるのは乳幼児が多く、子どもを持つ親にはよく知られた病気です。4歳位ま