hollywoodsnap.com
フロイド・メイウェザー年収370億円でアスリート歴代1位 アスリート年収ランキング2015フォーブス誌
現地時間5月2日にフィリピンの英雄マニー・パッキャオ(36)との世紀の一戦で接戦の末の判定勝利を獲得し世界が注目した48戦48勝の生きる伝説、ボクシング5階級王者のフロイド・メイウェザー・ジュニア(38)が、米経済誌フォーブスの調べにより、2015年度年収3億㌦(約370億円)を記録し、アスリートの年収歴代No1の座を獲得し、世界のスポーツ史にその名を刻むこととなった。 このランキングは、2014年6月から2015年5月までの1年間で集計されるフォーブス誌の恒例ランキングとなっており毎年世界の注目を集めている。 2位には勿論マニー・パッキャオ、3位クリスティアーノ・ロナウドと実力とタレント性を兼ね備えたスター達がランクインしている。それでは「アスリート年収ランキング2015」を8位まで詳細に見ていきたい。 1位:フロイド・メイウェザー・ジュニア (38) 年収3億㌦(約370億円)広告収入1500万㌦ 出典:forbes.com フロイド・メイウェザー・ジュニアは、300億㌦(約370億円:6/11の為替レート1㌦=123.64円で計算:以下同)を稼ぎ出して2015年度のアスリート年収一位と共にアスリート年収歴代No1となる偉業を達成。 以前までのアスリート年収歴代No1は、ゴルフのタイガー・ウッズの持つ2008年度に記録した1億1500万㌦が歴代一位であったが、それを2.5倍以上遥かに上回る3億㌦の達成に世界中が驚いている。 メイウェザーは、2012年に内縁の妻へのDV容疑で90日間の禁固刑が確定、刑務所に収監された為にコマーシャル収入は昨年2014年度は0㌦、今年は年収3億㌦の内わずか1500万㌦に留まっている。 5月2日のマニー・パッキャオ戦に向け、高級時計メーカー「Hublot(ウブロ)」やファーストフード「バーガーキング」などの企業の広告と提携。 関連:フロイド・メイウェザーJrの豪邸(家)と車のコレクションが凄すぎ 3位:クリスティアーノ・ロナウド(30) 年収7960万㌦(約98億円)広告収入2700万㌦ 画像:nehandaradio.com クリスティアーノ・ロナウドは広告収入が2700万㌦と比較的多い。