hollywoodsnap.com
毎回話題騒然!『OK Go』の無重力ミュージックビデオが凄い!
毎回超独創的で予算をかなり掛けたミュージックビデオ(MV)を発表することで知られるアメリカのオルタナティブロックバンド「OK Go(オーケー・ゴー)」が2014年10月発表の最新アルバム『Hungry Ghosts』からシングルカットされたナンバー「Upside Down & Inside Out」のミュージックビデオを今月13日に公開した。 ロシアの国営宇宙開発企業「ロスコスモス」と、ガガーリン宇宙飛行士訓練センター、そしてロシア国内線最大シェアを誇る航空会社「S7航空」の全面バックアップを受け、無重力状態で撮影されたPVとなっており、音楽業界だけでなく各方面で話題となっている。必聴必見の最高にハッピーなナンバーとなってるぞ! ■ オーケー・ゴー、話題の新作MVは、宇宙訓練機での無重力撮影 SNAP via:dezeen.com 写真右から2番目が制作を監修したSia シカゴ出身の4人組ロックバンド「OK Go(オーケー・ゴー)」が今回新しく発表したミュージックビデオは、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センターで宇宙飛行士訓練特別機を利用して行われ、上空からの急降下によって創りだされる1回の無重力状態はわずか27秒ほど、それを8回繰り返して216秒の"無重力タイム"で撮影が行われた。 毎回オーケー・ゴーのミュージックビデオは話題を呼ぶものが多く、撮影は1発撮りで決めることが多いのだとか。その為に臨場感に溢れた映像になっているようだ。 ボーカルのダミアン・クラッシュ(40)の妹で振付師で映像ディレクターのトリッシュ・ズィー(Trish Sia)が、兄と共に制作の総指揮、監修を行った。トリッシュは、頻繁にオーケー・ゴーのMVを手掛けており、オーケー・ゴーの2005年発表のミュージックビデオ「Here It Goes Again」では、見事、2006年のグラミー賞 最優秀短編ミュージックビデオ賞を受賞。オーケー・ゴーの話題性の裏にはこのトリッシュの活躍が根底としてあると言えるかもしれない。 今回の企画は、ロシア国内線最大シェアを誇る航空会社「S7航空」がオーケー・ゴーとコラボを依頼することから始まり、トリッシュ・ズィー(Trish