hollywoodsnap.com
アメリカの刑務所の実態がヤバすぎる、ヤラセ一切なしドキュメンタリー番組「60 Days In」を特集
アメリカの刑務所に、偽の受刑者が入所してその様子を数百台のカメラで追うというこれまでにない詳細な刑務所の人間模様を追ったヤラセ一切無しのドキュメンタリー番組が開始する。 刑務所内での身体的暴行、性的暴行、クスリ、賄賂、新人イビリなど今まで言及されていたことが、現実にありふれていることが判明した。 ■ 一般市民が2ヵ月間のアメリカの刑務所暮らしを経験 アメリカのケーブル&衛星テレビ局「A&E ネットワーク」が来月10日からアメリカで放送するドキュメンタリー番組「60DAYS IN」は、アメリカ インディアナ州ジェファーソンヴィル にある「クラーク郡刑務所」に無実の一般市民7名が2ヵ月間入所し随所に設けられている数百台のカメラが刑務所内の人間模様を詳細に追跡する計12エピソードの非常に興味深い企画だ。 既に収録は昨年12月で終えており、プロデューサーは、演技や設定無しの本来の刑務所の姿を追跡するために、他の受刑者と刑務所の看守には「初めての刑務所生活を追うドキュメンタリー番組」と説明してあり、彼らが本当は無実の一般市民であるという事実を隠してある。 エクゼクティブ・プロデューサーのグレゴリー・ヘンリー氏は「この番組は、今までに見たことが無いような視点からありのままを撮影するリアルなものを創りだすことを目指しています。」と自信げに語っている迫真のドキュメンタリー番組なのだ。 ジャスティン・ビーバーの刑務所(留置所)内での腕立て伏せ動画や身体検査動画、全身のタトゥー写真、なんでも警察、刑務所から公開されてしまうアメリカで無ければ実現しない企画かも知れない。 プロデューサーは、一般市民の参加者にこの番組にはリスクが伴うことを説明しているという。 ■ 新人イビリ、イジメ、暴行は日常茶飯事のアメリカの刑務所内 ある男性参加者は本物の男性受刑者から性的な暴行をされる。 ある参加者が食事中に突然死角から本物の受刑者に顔面をパンチされる。 ある男性は刑務所内の喧嘩により顔面を血だらけに負傷している。 新入りの受刑者と周囲に思われている一般市民の参加者達は入所してすぐに長く居る受刑者達からシャワールームを安全に使いたいなら使用料を自分達受刑者に支払わないとならないことを説明された。