hardestmagazine.com
CHICO CARLITO|30歳になったら沖縄に帰りたい | HARDEST MAGAZINE | ハーデストマガジン
インタビュー当日、偶然にも「今日で上京してちょうど4年が経ちました」というCHICO CARLITO(チコカリート)は沖縄出身のラッパー。5年前にヒップホップを聴きだすと同時にラップを始め、バトルシーンから成り上がり、現在ではモンスターとして『フリースタイルダンジョン』にてレギュラー出演をするなど、超新星でありながら日本語ラップシーンのトレンドセッターとして君臨している。だが、それは彼にとっては"ライヴをする為"の過程であり、またその先には"地元沖縄へ帰る為"の真理だと語った。そして、昨年12月に待望のファーストアルバム『Carlito's Way』を発表し、4月下旬には本望とも言える沖縄でのリリースパーティーを控えている。彼は大都会東京から常に沖縄をレペゼンし、オリオン座の様に南の星として輝いていた。 HDM:ヒップホップを聴き始めたのは? CHICO CARLITO:高校卒業してプラプラしてた時期に、那覇市の国際通りでラッパーの唾奇と知り合って、クラブに誘われて、その時に日本語ラップを始めて聴いたんです。(唾奇の)先輩がMCバトルに出場するからって連れられて…最初はまったく乗り気じゃなかったんですけどね。行ってみたらバトルでその先輩が優勝して賞金10万円を獲得したのを見た時に、「これで10万貰えるんだったら俺にもできるわ」って、ラップしたこともないのに思ってね(笑)。その日の帰り道からフリースタイルを始めて、そのままのノリで1ヶ月後には自分もバトルに出場していました。なので、僕はヒップホップを聴き始めたのと同時にラップも始めたんです HDM:てことは、ヘッズの時期が無かったんですね。 CHICO CARLITO:そうなんです。ヒップホップを聴くまでは、パンクロックだったり海外のバンドをよく聴いていました。一時期はバンドもやっていて、当時一緒にバンドをやっていた仲間たちとも「いつかフィーチャリングしような!」って話もしてます。実現させたいです。 HDM:バンドを辞めた理由は? CHICO CARLITO:ギターをやってたんですけど、なんかしっくりこなくて…今思うと、もっと自分にハマる音楽を探してたのかな?って思います。辞めてなかったらラップもしてなかったと思うんで。