hardestmagazine.com
KenKen [RIZE]|欠落の美学 | HARDEST MAGAZINE | ハーデストマガジン
正直に言ってしまうと、インタビューをやっていて最低の気分になるのは、まるで自分がアーティストであるということをすっかり忘れているかのようなヤツと喋ることだ。そういうヤツらはこっちがいくら求めたところで、標準的な言動と模範的なサービスしか見せてくれない。何の為に?音楽が持つ影響力のエネルギーは凄まじい。ステージの上に立つアーティストはまるで神そのものに見える時があるけど、当たり前だけど神ではないし、音楽も別に宗教ではない。自分が作った詩やメロディーが誰かの思想や人生を変えることがあったからって、何も聖人である必要はないんだ。彼がこのインタビューで語っているように、"欠落"こそがアーティストの魅力の一部であり、甘美の源。慰めを欲している人やトラブルを乗り越えようとしている人だけでなく、同じように、多くのアウトサイダーの背中だって押してやらなけりゃならないはずだ。何なら、自分自身がそうなったっていい。だって音楽はいつでも、全てのハイテンションとの相乗効果で輝くのだから。このインタビューはRIZEの新譜について、そして、そこから派生したいろんなことについて。答えてくれたのはベーシストのKenKen。このバンドが尋常じゃないくらいカッコいいのは、そういう存在の仕方を、自分たちの役割を、その身体のすべてで理解して放出し尽くしているところだ。 HDM:よく考えみたら、RIZEとしてパッケージをリリースするのはすごく久し振りのような。 KenKen:うん。4年半ぶりくらいかな?まあ、もともと1年に1曲くらいしか出さないチームなんでね(笑)。 HDM:今回の新曲『SILVER』は、実はKenKenさんがアニメ『銀魂』のファンで、密かにオープニングテーマを作っていたというバックストーリー付きで。 KenKen:ほんとに勝手に作っていただけだったんだけどね(笑)。いつか、こういう機会に恵まれたらいいなあくらいの妄想はしていたけど、まさかそれが現実にRIZEの新譜になるとは考えてもいなかったから。もともとRIZE用の音源として書いた曲でも無かったから、改めてRIZEの為にリアレンジした感じですね。 HDM:これって、コンペだったんでしょ?選ばれた時点では、制作側はその事実を知っていた?