hardestmagazine.com
合法的な破壊 | HARDEST MAGAZINE | ハーデストマガジン
今回はふたつの最高にカッコいいグラフィティを紹介するよ。その前に、そろそろグラフィティについて「これは正当なアートか否か」という話には、みんないい加減に飽きてきた頃だろうと思う。アートの定義なんて、最悪に馬鹿げたことをこれ以上話すつもりはないんだ。例えばモネの睡蓮は、ある人にはただの鬱屈した植物の絵で、ある人にとっては自分の命よりも価値があるものだと思ってる。同じように、自分の住む町にデカいグラフィティがあることに怒り狂うヤツもいれば、興奮するヤツもいる。もちろんどちらもしなくて、無関心なヤツも。人の美意識や価値観なんてそんなものだし、それでいい。世の中の誰も了解していないのに、いつの間にか街じゅうに無造作にばら撒かれたダサい広告の方がよっぽどムカつくけどね。ところで、今回のエキシビジョンは本当に最高だった。これらを手掛けたすべてのライターと主催者の面々に敬意と、あとは残念ながら見に来ることが出来なかった皆に、心からの同情を送るよ。 西成WAN(西成ウォールアート日本)第3弾 サイズの違いこそあるけれど、地域発展のプロジェクトの一環としてフリースペースになっていた壁に描かれた壁画はわりとそこらじゅうで見かける。それらを手掛けるのは大抵、地元の幼稚園児やアート系の専門学校に通うアーティスト志望の学生が相場だ。先に言っておくけど、幼稚園児たちが描いたお絵描きは微笑ましいし、あれを毛嫌いする人なんて多分いないと思う。可愛いしね。だけど、その目的がエリアに人を呼ぶ、それ以前に話題性を持たせるということなら、あれほど不向きなものは無いと心から思うよ。何故かって言うと、可愛い小さな子供達が描いたチューリップや家族や犬の絵を見に来るのは、せいぜい親とママ友あたりが関の山だから(よくて叔母どまり)。おまけに彼女たちですら、一度見に来たら二度と来ることはない。それって、例えばファミリー写真館で自分の子供が見本モデルとして飾られたようなものでしかないから。そういう絵たちの末路はどれも同じで、人の興味と同じスピードで風雨に晒されて白け、薄れていくだけ。だから、同じく地域の発展を目的として立ち上げられたプロジェクト『西成WAN』がチビッコ達の絵ではなく、"グラフィティ"を選んだというのはかなり得策だと思う。