hardestmagazine.com
Awich|The Japanese Baddest Bitch | HARDEST MAGAZINE | ハーデストマガジン
タイトルの「Bitch」は「Beautiful Intelligent Talented Creative Honest(美しい、知性のある、才能がある、クリエイティブ、正直)」という、沖縄出身のフィメールラッパー、シンガーであるAwich(エーウィッチ)への称賛の言葉である。幼少期は夜が怖くて寝むれない日々を過ごしながら詩を書き始める様になり、ヒップホップに出会ってから"ラップ"という表現方法を知りアーティスト活動をスタート。本格的にデビューした後、ビジネスを学びにアトランタに渡り、ファイヴ・パーセンターズのメンバーである黒人男性と出会い結婚、長女を出産。家族で日本移住を計画した矢先に、旦那が銃殺されるという悲劇に直面。旦那を喪い、3歳の娘と未亡人となった彼女は、闇を彷徨いながらも人生に置いて究極のテーマである"生と死"に向き合い続け、最愛の人の死を越えた先に"本当の愛"を見出し、音楽活動を再開し現在に至る。2017年8月8日に、Chaki Zule全面プロデュースのもとアルバム『8』を完成させ、東京を代表するヒップホップクルー、YENTOWNに加入。壮絶な経験を過去に持ちながらも、今最も話題を集めている女性アーティストAwichに直接話しを聞いてみた。 HDM:Awichさんは様々なジャンルを自分の音楽にしていて、自身がジャンルとして確立されている様なアーティストですよね。音楽スタンスというものは? Awich:音楽は本当に人の時間を豊かにするものだと思っています。映画や映像制作も、アートやペインティングとかも同じだし、これらは生活を豊かにする手段だと考えていて。昔はジャンルに対してめっちゃこだわってたけど、それはもしかしたら私のエゴかもしれないと今では思っていて、もし様々なジャンルでも私がカッコいい作品を作れるなら、その与えられた力を存分に使いたいです。そして、それが聴いた人のインスピレーションになるとか、楽しくなったり嬉しくなったり、その人がそのときに持ってるエモーションを強くできるなら、本当に有難いことだなって思います。