hardestmagazine.com
HISATOMI|成熟しない愛がもたらすロマンティックと哀愁劇 | HARDEST MAGAZINE | ハーデストマガジン
大阪出身のレゲエDEEJAY、HISATOMIが恋愛をテーマにしたコンセプトアルバム『哀愁愛集』を完成させた。「愛とは哀愁だ」と謳った本作品。確かに、"愛"というものは完成しないからこそ熱く燃え上がるのだろう。つまりはアバンチュール。そこに虚しく残った"哀愁"をテーマにアルバムを作ってしまうんだから、一体どれだけロマンチックな男なんだと…。「恋愛は一番人間的な部分だ」とインタビュー時に語っていたので、正にこれまでに見せたことのないHISATOMIの人間性がここにあり。 HDM:6月7日に発表されたミニアルバム『哀愁愛集』は、ラブソングだけを収録したコンセプトアルバムになっていますが、最近恋愛で何かあったのですか?改めて、このアルバムを制作した経緯を聞かせてください。 HISATOMI:元々テーマをひとつに絞ったコンセプトアルバムを作りたいなってずっと思ってたんですね。で、実際にやるってなった時に、誰もが喜んだり悲しんだりしている事って「恋愛」なんちゃうかなって思って。僕の知り合いで、お金も地位もある人がいてるんですけど、そんな人でも恋に関しては上手くいかなくてめっちゃ悩んだりしてて。そういうのを見てたら、1番人間的な部分が出るテーマやなって思います。それに、「みなさん少なからず恋してるよね?」って(笑)。 HDM:なるほど。私はてっきり「最近恋愛で何かあったのかな?」って思いましたが…(笑)。 HISATOMI:俺は…特にないかな(苦笑)。 HDM:完成して、今の気持ちはどうですか? HISATOMI:ラブソングがあって、ダンスホールがあって、応援歌みたいなものもあってていう、いろんなフレイバーがあれば無理なく飽きずに聴いてもらえると思うんですけど、「恋愛」っていうひとつのテーマで色を出していくっていうのは、やってみて意外と難しかったですね。自分的にはチャレンジした作品になってます。 HDM:制作中、どういうところが難しかったですか?