hardestmagazine.com
鬼畜會|人畜無害な"鬼畜"の集まり | HARDEST MAGAZINE | ハーデストマガジン
グループでもコミュニティでも、ビジネスライクな関係を除いた多くのそれは、似た感覚を持った人間の集合体であると思う。共鳴するものが多ければ多いほど、その結束は強くなるし、かけがえのない間柄になっていく。強靭になったその群れで慈善活動を始める場合もあれば、逆に犯罪を犯す場合だってある。感度の高さや方向性で、それはどうなっていくかはわからないのだ。今回紹介する彼らのチーム名は『鬼畜會』なんて、あからさまにどうしようもないネーミングだけど、鬼畜なのに人畜無害で、ひたすら仲間とくだらないことをやっていこうっていうハッピーな人間が集まっている。それに、実はここが一番大事なところなんだけど、本当のバカはバカができないんだよ。知ってた? HDM:………それで、みなさんはいったい何をする集団なんですか?喧嘩とSEX以外で言うと。 清美會長:いやいやいや(笑)。 別府副會長:ちょっとちょっと(笑)。取り敢えず、これだけは言わせて!喧嘩は絶対にしない。 HDM:それならSEXだけですね。 別府副會長:え?う、うん…。鬼畜とは言え、人に危害を加えるようなことは絶対にしちゃダメなんです。それが僕たちのルールなんです。鬼畜であるのは、女の子に対してだけです。 HDM:ちょっとちょっと、最低じゃないですか(笑)。 清美會長:あ、いや、ちょっと誤解を招く言い方をしてしまったんやけど(笑)。鬼畜の意味はね、昨今は女の子に対してだらしない男子が多いじゃないですか。いわゆる「草食系」と呼ばれているアレね。そんなものはクソだぞと。男はこれから「鬼畜系」でないとアカンという、これは僕たちから発信する男らしさを象徴する新しいジャンルなんです。 HDM:肉食系でもなく、これからは鬼畜系だと。 清美會長:「女の子のことが大好きですよ!」というのを堂々と体現していこうという集団ですね。 別府副會長:俺なんか女の子とエレベーターで2人になったら顔舐めるし、右手で女の子のお尻触って左手で別の女の子と手繋いだり、ここでは言えないこと山ほどしてますからね(笑)。 HDM:なるほど…鬼畜ですね。でも今回撮影したみなさんの写真を見る限り、鬼畜というよりかなりアブない人たちに見えますよね…。