fukuyuki.net
「嫌われる勇気」まとめ: | ふくゆきブログ
「嫌われる勇気」まとめ: 1 全ての悩みは対人関係が起因している 2 劣等感やコンプレックスは幻想にすぎない 3 他者は競争相手ではなく仲間である 4 真の自由とは承認欲求から解放されることである 5 嫌われる勇気こそ人に好かれる極意である http://yagi-coach.com/ningenkankei/kirawareru-yuuki/ 以下引用: --------------------------- 嫌われる勇気こそ人に好かれる極意!アドラー心理学の5原則まとめ 人間関係 / 2015年2月11日(Wed) / yagi follow us in feedly 嫌われる勇気の感想まとめ 「人に好かれたい・・・」 この欲求ばかり重んじた生き方は、結果的に自己否定につながり、他者に評価されない最悪の人生で終わるだろう。そんな価値観を提起してくれたのが「アドラー心理学」です。 アドラーは「周りに起こる物事の見方(解釈)」を変えるだけで、全ては良い方向に変わると言います。つまり、今の自分を変えたいなら、物事の見方(解釈の癖)を変えることです。 人に嫌われるのが恐い、好かれたい。そんな呪縛によって人生に苦しむ方へ。今から明かす「アドラー心理学の5原則」から、新しい視点をインストールし「嫌われる勇気」を手に入れませんか? この記事の目次 1 全ての悩みは対人関係が起因している 2 劣等感やコンプレックスは幻想にすぎない 3 他者は競争相手ではなく仲間である 4 真の自由とは承認欲求から解放されることである 5 嫌われる勇気こそ人に好かれる極意である 6 まとめ 全ての悩みは対人関係が起因している 対人関係の苦手を克服 アドラーは「個人の中だけで完結する悩みは存在しない」と言います。その証拠に「孤独の悩み」すら、他者がいるからこそ発生する悩みです。 つまり、あなたが抱えている全ての悩みは「対人関係」が起因しているということ。そのため、悩まない自分に生まれ変わるためには「他者への解釈を変えること」が解決策だと言います。 物事の見方が変われば、人の思考や行動は変わります。 劣等感やコンプレックスは幻想にすぎない 劣等感は幻想だと思うことが克服法