france-chebunbun.com
悪党に粛清をチェ・ブンブンのティーマ
悪党に粛清を(THE SALVATION) 監督:クリスチャン・レヴリング 出演:マッツ・ミケルセン、エヴァ・グリーンetc 評価:70点 最近デンマークでは西部劇を作るのが流行っているらしい。 昨年、当ブログでも紹介したデンマーク人監督 スサンネ・ビアの「SERENA」 も西部劇であった。 そんなデニッシュ・ウェスタンブームの 火付け役になるであろう、 今作は制作国がデンマークの純正 デニッシュ・ウエスタン(「SERENA」はアメリカ映画)だ! あらすじ 1970年アメリカ、 とある兄弟はアメリカに渡り事業を展開していた。 軌道に乗ってきたため、兄ジョンは妻子を 自分の住む町へ連れて行こうとする。 しかし、移動中の馬車で乗り合わせた 男たちの暴力で妻子が殺されてしまう。 ジョンはその男たちを殺すのだが、 実はジョンの町を支配するデラルー大佐 の弟で... 西部劇史上初!?デンマーク語を話す西部劇 ↑新宿武蔵野館ではこんな装飾がされてたぞ~ 西部劇と聞くと、英語や ネイティブ・アメリカンの言語、 あるいはスペイン語、 マカロニ・ウエスタンとなると イタリア語で話しているイメージがある。 この作品では、なんとデンマーク語が聞けます! 確かに、アメリカって移民国家で ヨーロッパから流れ着いた人によって 国家形成された国だから、 デンマークから移民が来てもおかしくないのだが、 西部劇で「ゴディ」とか「タック」とか 聞くと違和感ありまくりw でも、デンマーク語を勉強したことのある ブンブンは結構会話が聞き取れてうれしかったぞ! ミケルセンの冴えない感がすげー ↑ミケルセンのサインありけり 最近、TVシリーズ「ハンニバル」でレクター役を 演じたためか、想像以上に知名度が高く、 女子の人気が高いマッツ・ミケルセン。 そんなミケルセン、「偽りなき者」同様 冴えない男を演じるのがめちゃくちゃ上手い。 かっこいいのだが、どこか二枚目(褒め言葉)で 詰めが甘い前半の攻防戦。 彼からB級オーラが出ているから、 観客は油断できない。 ミケルセンを応援したくなるぞ! そんなミケルセンが後半、野獣となる... これがまたかっこいい♡ デンマーク産「真昼の決闘」 この作品は、フレッド・ジンネマンの 傑作西部劇「真昼の決闘」の 影響を受けている。 普通、悪徳代官を退治するためにヒーローの