france-chebunbun.com
バードマンチェ・ブンブンのティーマ
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:マイケル・キートン、エマ・ストーン、 ナオミ・ワッツ、エドワード・ノートンetc 「アカデミー賞作品賞は...『バードマン』!」 と聞いた時、正直驚いた。 「6才のボクが、大人になるまで。」じゃないんだ~ 根拠として、アカデミー賞作品賞は毎回社会派や 歴史系の作品が獲る事が多く 「ハート・ロッカー」「それでも夜は明ける」 みたいな作品が受賞していた。 確かに「6才のボクが、大人になるまで。」も あまりシリアス度がない作品なのだが、 今回、こんなアーティスティックでブラックな コメディ映画が受賞するなんて 衝撃的でした。 久しぶりにTOHOシネマズ シャンテへ... 留学後、久しぶりにシャンテに行ってきました! 最近TOHOシネマズでは、チケットをもぎることが なくなりブンブンちょっと哀しいが 懐かしかった。そうそう、あのカンジだ。 異色なアート映画「バードマン」 いやー冒頭からびびりましたね~ 「ゴダールか!」って突っ込みを入れたくなる 文字ワークとジャズ音楽をぶち込んで物語は スタートする。 んで、「トゥモロー・ワールド」や「ツリー・オブ・ライフ」、 「ゼロ・グラビティ」で魅せたエマニュエル・ルベツキの 舐めるようなカメラワークで圧倒する。 本当に、映像の切れ目がわからない。 どうやって撮ったんだ?ってカットの連続にびっくり。 正直、観る前までは「編集が凄いんでしょ?」と 皮肉ってたが、アレは真似できない。 素人にはできないカメラの切り替えが素晴らしかった。 そして、日本語字幕にまで指示出しする イニャリトゥの拘りが幸いして 観たこともないような空間がそこにはあった。 俳優人生の鏡 町山智治の解説によると、 この作品は俳優人生とリンクさせる映画とのこと。 主役のマイケル・キートンは「バットマン リターンズ」 の俳優だが、全然それ以後B級映画ばかり出演している。 そんな彼が今回、アート映画に出て新境地を開拓しようとする 様子がまさに「かつては『バードマン』シリーズで 有名だった落ちぶれ俳優が一発逆転を狙って アート劇で頑張る」様子とリンクする。