foodish.net
ノスタルジックうどんツアー(後)〜讃岐うどん巡礼2018-3
◎三軒目:はなやうどん こちらにはほぼ8年半ぶりの2回目。前回来た時とほとんど見た目や雰囲気が変わらず、さすが創業明治中頃の老舗やなあと一安心しました。というか、そのままあ(在)ってくれて良かった〜というのが正直な気持ち。 お店に入ったのがお昼時だったので、ガラリ戸を開けたすぐ前のスペースは地元の方で一杯。お母さんと息子さんみたいな組み合わせも見られて、微笑ましい光景でした。僕らのグループは奥の部屋へ。 前回に比べて、わかめうどんと肉うどんがなくなり、値段が30円程あがったようです。まあ8年半も経ってるんだからそれくらい当然だし、それでも一般店でかけうどんが200円なんだからw 奥の部屋への途中に揚げ場があり、各種天ぷらが並べられています。ここにきたらやっぱり天ぷら食べとかないとね。 カレー粉が入ってるのかと思ってしまうここの天ぷら、実は単なる色粉。昔天ぷらに色をつけていた頃の名残だそうで。僕が選んだのは一番上にあるたけのこ。 竹の子の天ぷらは食べてみたら、甘く味付けがしてありました。このあたりでは残り物でもなんでも天ぷらにして食べるそうなので、味付けしてるのが多いのかな。うどんは前回はかけうどんだったので、今回はぶっかけの小(230円)。なんとなくふにゃっとした麺を想像してたんですが、予想外に力強い麺で嬉しい裏切り。クソ暑い日だったので、冷たさが余計に心地よく感じました。 なによりかによりこの店の魅力は、トータルでのこの店の居心地の良さ。時間をかけないとこういうものは出来ませんよね。どうぞいつまでもこのままで。 ◎四軒目:柳川うどん 結果的に今回ツアーのラストになったこちらのお店は、僕なんかよりずっとずっと讃岐うどんを食べに来ているWakkyさんご夫妻もえて吉さんも初めて。昭和2年創業なのでもう91年も経っている割りに、外観はそんなに古く見えません。 店内もそう古くは見えませんが、きれいにされてはいるものの飾りもんがなんだかんだあって、いい意味でのごたごた感あり。写真右手奥には土間続きの厨房、さらに右手には小上がりがありました。 卓上のメニューを二方向から。あれ、もう一面は何が書いてあったんだろ、飲み物かな。