foodish.net
青春18きっぷで日帰り岐阜一人旅(2)〜思い出の味を求めてあちこち
洋食おかだを出て、まずはすぐ近くの「道の駅パレットピアおおの」へバスの時刻を確認しに行きました。 おお、ラッキー!30分ほど道の駅でウロウロしてたらちょうどバスがあるじゃないですか!これなら予定してなかった某所に行ってみよ〜🎶 …ところが、あとで気付いたのですが、この写真の上にあるように、このバスはJR岐阜駅行き。来るときは大垣駅から来たのと、土地勘無いのでまさかここから岐阜駅行きのバスがあるとは思ってなかったので、全く気付いていませんでした。まあ結果的には却って都合良かったんですけど(^◇^;) そんな事とは知らず、道の駅をウロウロ。 飲食コーナーもあるし、お土産や物産コーナーも充実していて、かなり見応えありました。 時刻が来たのでバスに乗り、なんかおかしいなあと思いつつ、なんとホームに上がってから岐阜にいるという事態に気づくという体たらく。大垣・岐阜から東に移動するつもりだったし、青春18きっぷだからどうとでもなるという意識だったからこそのすごい勘違いでした。(ははは) で、やってきたのは僕も初めての鵜沼駅。岐阜駅から東へ6つ目のこの駅に来た目的は… 駅から10分ほど歩いたところにある大正11年創業の和菓子屋さん・艸花庵(そうかあん) 養老軒。なんでこんなとこ知ってるかというと、以前は名古屋にあって、かつて名古屋にしょっちゅう出張してた時のお馴染みの店なんです。平成26年に突如店を閉め残念に思っていたら、翌年場所と一部店名を変えて復活したってことまでは知ってました。 (エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)場所はわかってても余りにも遠く行きにくい。でもいつか機会があればとずっと思っていました。お店に入って、ここの一押しの手作りういろにやっとご対面。僕にとってのういろのスタンダードは神戸の長田神社のういろやのなんだけど、ここのはそれに次ぐ大好物なんです。 挽き茶のういろを一本おみやげに買って帰って、帰宅してからいただきました。何年ぶりかなあ、ういろやのよりはややしっかりしてて、でも舌触りはあくまでむっちりスムースで甘さ控えめ。記憶の中で膨らんでいるのではないかと思いましたが、やっぱりここのういろはおいしい。いつの日かまたこれを食べられる日が来るんだろうか…