foodish.net
晩秋の長野旅行(1)〜「時香忘」
えて吉さんと1泊2日で長野まで行って来ました。主な目的は僕が数年前から行ってみたかったレストランに行くことだったんですが、それについてはまた後ほど。 長野に入る前に中津川に立ち寄り、「すや」で栗きんとんなど買って北上。昼ご飯に以前えて吉さんが行ったそば屋に行こうと思ったら定休日だったので、検索の結果ちょっとルートから外れていたけれど「時香忘」というお店に行くことにしました。 ネット上での人気も高く、店名からしていかにも意識高い系だろうなあと思っていたら、駐車場からのアプローチでいきなりなおっさん2人にはやや敷居が高いオサレ感。 ドン突きを右に曲がってさらに左に曲がると… やっとお店の入口が現れます。ここまで歩く間に気分をチェンジしてもらおうという意図なんでしょうか。 店内に入るとさらなるオサレ感。木を多用し外光を取り入れアーチ状のテーブルなど、至る所にこだわりを感じます。もう15年以上営業されているそうですが、オーナーは独学で種を蒔き石臼まで開発されたそうで、どういう方なんだろうととても興味を感じました。 (エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)ちょっと見にくいですが、この日の蕎麦は4種類。このページの上の夜明け蕎麦と このページの極粗挽き寒ざらし熟成もり・おろし・イカスミ蕎麦。この他メニューにはたくさんの記述があり、ただならぬこだわりが感じられます。 注文後、わさびと鮫皮おろしが出てきて、セルフでシュカシュカおろします。結局二人でこのわさび一本を使い切りました。 まず夜明け蕎麦(1500円)登場。1日限定10食程度、しかも毎日あるとは限らないそうで、予想よりボリュームたっぷり、見たことがない白黒ツートンの蕎麦のルックスにちょっと驚き。 黒は田舎・白は更科で、これを水だけでこねて小麦粉を使わずわずかに山菜の葉脈をつなぎに使って作ってるんだとか。どんな風にしたっらこんな蕎麦が打てるのか想像も出来ませんが、大変手間がかかっているのだけは容易にわかります。つゆは濃いめできりっとしてて、蕎麦は力強くそして自然な甘味を感じました。蕎麦経験値が低いのでちゃんと表現できませんが、とてもおいしく感じました。(←子供かよ)