fmol.be-ourselves.jp
コーチングってどういうことをするんですか?と聞かれた時に私が応えていること | For My Own Life
NLPコーチの西村です。 こんなことを言っていると、よく「コーチングってどういうことをするんですか?」ということを聞かれます。 そこで、私なりに「コーチングというのはこういう感じかな」と思っていることについて書いてみます。 コーチをしている方は世の中にたくさんいらっしゃいますし、私が「NLPコーチング」と言っているように、様々な流派といいますか、考え方、やり方が存在します。 したがって、ここではあくまで1コーチとして、これまで私がコーチングをやってきている中で感じていることについて書きます。 コーチはサポーターである まず、コーチは主体ではありません。何事も実現するのはコーチングを受ける側の人 = クライアントさんになります。 クライアントさんが実現したいことを、実現することをサポートするものです。 だから、あなたの代わりに何かをやってくれる人ではないということです。 あなたの頭の中を、うまく行く形に整理するお手伝いをする では何をするのかというと、あなたの頭の中の整理整頓をお手伝いします。 大体の場合、うまくいってない時は頭の中がぐちゃぐちゃになっています。 あれかな、これかな、あれもいいな、これはどうしよう、という感じでぐるぐる回っていたりします。 悩んでいたり、迷っていたり、考え込んでいたり、とにかくまともに前に進める状態ではありません。 やりたいことに向かって、まっしぐらに行ける状態ではありません。 そういう頭の中にあるものを、一回全部出してもらって、やりたいことに関係ないものは整理し、関係あるものは整頓するのです。 そんな風にして、頭の中を、うまくいくやり方に整理しなおすお手伝いをするのです。 何も足さない、何も引かない その際にポイントとなるのは、コーチは「何も足さない、何も引かない」ということです。 アイデアを出すことや、決めることは、すべてあなたが主体です。 あなたの中にある素材そのまま、無加工なまま使います。 それらがいいとか、悪いとか、使えるとか、使えないとかいう判断もすべてあなたが行います。 コーチは何も判断しません。アドバイスもしません。オススメを言うこともないです。 褒めることもしないです。承認することもしません。 コーチは、導く人であったり、助言してくれたりする人ではないのです。 あなたのモチベーションを喚起する