fieldfine.com
Bird house -巣箱- | field fine
環境にも人間にも優しい巣箱 野鳥は、たくさんの自然があるところだけでなく、都会にも多く生息しています。しかし、森林伐採や農薬散布、宅地開発等で安心して巣を作れる場所が少なくなってきています。そんな野鳥たちに巣箱を提供したいと思い、1998年から巣箱作りをスタートしました。 シジュウカラなどの体が小さい野鳥は、カラスなどの外敵から守ってくれる人間の近くが実は好きなので、庭先などは安心して巣を作ることができる場所という訳です。庭に設置した巣箱からヒナ達が巣立っていくところを見るのは、なんとも微笑ましい光景です。 樹木への薬剤散布も不要になるので、環境にも人間にも優しいですね! しかもフンは巣箱の中にして、親鳥が外に捨てに行きますので、周辺を汚しません。 だから、私たち人間と共存できる益鳥というわけです。 巣箱を設置し、住み始めたからといってフン等で周辺が汚れる心配はありません。 樹木への薬剤散布が不要になるので、環境にも人間にも優しいです。 野鳥を呼ぶには? 巣箱を利用するのはどんな鳥? まずはじめに当社の巣箱を利用する野鳥を紹介します。 国内には約500種類の野鳥がいますが、巣箱を利用する野鳥はそのうち約10%です。 巣穴の大きさによって入る野鳥も変わります。 フィールドファインの巣箱の巣穴の直径は30mmで、シジュウカラ、ヤマガラ、スズメが対象です。 シジュウカラやヤマガラは子育てのために、スズメは寝床として巣箱を利用します。 野鳥を呼ぶ 水場を作ろう 多くの鳥たちは、水浴びをすることによって、体についた汚れや小さな虫を洗い流すため水場は必要な場所です。水場を用意してあげると一年を通して鳥たちが遊びに来てくれるでしょう。ただ、野鳥たちは警戒心が強いので水浴びをしてくれるようになるまで少し時間がかかるかもしれません・・・。 餌台を設置しよう 野鳥たちの餌となる木の実や虫が少なくなる冬場は餌台(フィーダー)を設置してあげると、餌を求めて多くの野鳥たちが来てくれるはずです。 ※ただし、餌を置くのは餌の少なくなる冬場だけにしましょう。長い間餌付けをされた野鳥たちは警戒心を失い外敵に襲われやすくなります。 設置場所 水場作り 鳥たちは冬でも毎日水浴びをします。巣箱の場所を覚えてもらうのにも水場の設置は良い方法です。