eneleaks.com
新電力が狙い撃ち!?負荷率ってなぁに?
電力業界の動向をウォッチしている中でよく耳にするのが「負荷率」という言葉です。 負荷率とは端的にいうと、「どれだけ効率良く電気を使っているか」ということです。 つまり、 負荷率が高い=効率良く電気を使っている ということになります。 なぜそうなるか?ということを説明していきます。 まず、負荷率を求める計算式ですが、1ヶ月単位で見てみると 負荷率(%)=月間消費電力量÷(契約電力(kW)×24時間(h)×当月の日数)×100% となります。 【事例①】 200kWの契約電力をしており、1月の消費電力量が20,000kWhだったとした場合、 負荷率:20,000kWh÷(200kW×24h×31)=20,000kWh÷148,800kWh=13.44% ということです。 容器をイメージするとわかりやすいかもしれません。 148,800kWhという容器を満たした電力はわずか20,000kWh(13.44%)ですので、 実は勿体ない使い方をしてしまっている(=割高な電力料金を支払っていしまっている)ということになります。 1日の消費パターンで見ると、下図のようなイメージです。 1年のうちどこかのタイミングで200kWhを消費してしまったがために、 それが契約電力になってしまっているが、普段はそこまで使わない(当然夜間も使わない)、というようなケースです。 【事例②】 事例①と同様、1月の消費電力量が20,000kWhであるにも関わらず、契約電力が50kWの場合を想定してみます。 負荷率:20,000kWh÷(50kW×24h×31)=20,000kWh÷37,200kWh=53.76% になります。 今度は50%を超えてきましたね。1日の消費パターンでいうと下図のようなイメージです。 そしていわゆる新電力はこの負荷率が低い事業者を狙って営業をかけています。 なぜか? それは「仕上単価」という概念が関連してきます。 仕上単価とは1kWhの電力を実際にはいくらで買っているか?という単価のことです。