edohanga.jp
「諸国瀧廻り」葛飾北斎|東京伝統木版画工芸協同組合
全八図からなる名所絵揃物である「諸国瀧廻り」は、「富嶽三十六景」が発表された後の1833年頃に出版されたとされている。北斎が手掛けた風景版画の中でも名品と名高い作品であり、江戸、日光、木曽、東海道といった日本全国の有名な滝を題材に、「水」の表現に挑んだ意欲作である。
東京伝統木版画工芸協同組合