ecrito.fever.jp
ディズニーは「スター・ウォーズ」シリーズをいかに改変したか――『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』レビュー
※本記事には『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の結末に関する記述が含まれています。ネタバレを避けたい方は閲覧をお控えください。 0. 「スター・ウォーズ」とは何だったのか 2019年12月20日、日米同時公開となった最新作によって、今や世界中で愛される巨大なシリーズとなった一つの作品が完結する。40年前、まだ何者でもなかった映画好きの青年ジョージ・ルーカスが始めた「スター・ウォーズ」という物語は、「遠い昔、遥か彼方の銀河系で(a long time ago in a galaxy far, far away…)」のフレーズとともにその「彼方」からドラマ、ゲーム、アニメ、おもちゃと様々な媒体を通り抜け、あらゆる場所、あらゆる世代にリーチする一大産業へと成長した。 ではその集大成、シリーズ完結編「スカイウォーカーの夜明け」には何が描かれていたのか。作品のモチーフを紐解き、そこから垣間見える私たち観客とポップカルチャーの現在形について覗いてみよう。 1. 「続三部作(sequel trilogy)」とは何だったのか 最新作の内容に触れる前にまず本作がどのような経緯で作られたものなのか整理しておこう。まず第7作以降の3作品と、それ以前の6作品とが制作背景についてかなり異なる作品であることに触れておかなければならない。スター・ウォーズは先にも触れたように、ジョージ・ルーカスという一人のクリエイターによって誕生した。あらためて言うまでもないかもしれないが、これはハイテクな宇宙船が繰り広げる空中戦のスペクタクル、「帝国」という旧弊な専制国家とそれに立ち向かう反乱軍という世界観、主人公ルーク・スカイウォーカーと帝国を支配する彼の実父ダース・ベイダーの対立という古典的なメロドラマによって成り立つ、壮大かつ単純明快なスペースオペラだった。つまりいくら宇宙という巨大な舞台装置があっても、元々はルーカスという一人の作家による「父子」の物語という個人的なオブセッションがその軸にあったのだ。