ecrito.fever.jp
小森はるかインタビュー(『空に聞く』):連載「新時代の映像作家たち」
「ロビンソン・クルーソーのようにも、ドン・キホーテのようにも」1というフレーズは、『息の跡』(2016)を見た者にはとりわけ連想のしやすいイメージだろう。震災後の陸前高田に移住した若いアーティスト小森はるかは、自らの被災体験を忘れまいとする「佐藤たね屋」の主人佐藤貞一さんの活動をヒロイックなドキュメントとして撮り上げた。以来、小森は瀬尾夏美との共作も含めて一貫して「何か」が思い出される瞬間のドキュメントを撮り続けた。陸前高田で災害FMを通じて被災者の生活を記録し続けたラジオパーソナリティー阿部裕美さんの活動を追いかけた新作『空に聞く』(2018)、瀬尾との共作『二重のまち/交代地のうたを編む』(2019)でも一層濃密な記憶と土地を巡るドキュメンタリーを製作し続ける彼女に話を聞いた。(聴き手・構成:伊藤元晴、山下研、若林良) 「空に聞く」(2018)愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品 ©Komori Haruka 東北に住みながら制作する ――今日は新作『空に聞く』について伺わせてください。以前のインタビューで『息の跡』を作っているときは、当時、被災地でもある陸前高田のお蕎麦屋さんで働いていた現実の生活と作品とが密接に結びついていると語られていました。今回の『空に聞く』の着想段階ではどのような暮らしをされていたんでしょうか。 小森はるか(以下、小森) 『空に聞く』の完成は2018年なんですけど、撮影時期はほとんど『息の跡』と同じなんです。『息の跡』の佐藤さんも『空に聞く』の阿部(裕美)さんも、お蕎麦屋さんで働きながら休みの日に撮らせてもらいました。『息の跡』は最初、佐藤貞一さん一人の映画にするつもりはなかったんですね。阿部さんと佐藤さん以外にも撮らせてもらっていた方が何人かいて、陸前高田に暮らす人たちの記録をまとめて『息の跡』っていう作品にしようとしていたんです。ですが、アルバイトとか生活で自分がいっぱいいっぱいになってしまって、情けない話ですが結局撮影を続けられたのはお二人だけだったんです。