ecrito.fever.jp
バーチャルYouTuberの三つの壊れ――設定、身体、画像(『ヱクリヲvol.10』刊行イベント「一〇年代ポピュラー文化のアニマ」特別寄稿)
『ヱクリヲvol.10』刊行イベント「一〇年代ポピュラー文化のアニマ」特別寄稿 はじめに バーチャルYouTuberとは何であり、それはどのような魅力を持つのか。「オブジェクト指向VTuber論を開始する」と題された、小説家名倉編の論考は、グレアム・ハーマンの「四方対象」の枠組みを用いてこの問いに迫っている。本稿では、四方対象の枠組みの使用のただしさについて議論しない。これはそれとして重要な仕事だが、わたしの知識には手に負えないし、本稿でやりたいことではない。 本稿では、名倉が言いたいことが「三層理論」という、わたしが提示するより簡単な枠組みで説明できないかを試みる。それによって、名倉が言いたいことが三層理論によって説明できないとすれば、その余りの部分がこれから問うていくに価値ある問いであることがわかる。それにより、名倉の議論をさらに発展させることができるだろう。そのため、本稿は名倉の批判ではなく、名倉の議論を受けて何を議論すべきかを明らかにする試みである。 本稿の構成は以下の通り。第一に、名倉の議論を概観し、四方対象からのバーチャルYouTuber理解をまとめる。第二に、難波優輝が提示したバーチャルYouTuberの三層理論を概観する。最後に、両者を比べながら、これから問うに値するだろう概念を提示する。 名倉の議論を端緒として、最終的に、「上演する配信」「壊れているキャラクタ」「三つの壊れ」という概念が提示され、それらがこれから問うべき対象であると提案する。 1.四方対象とバーチャルYouTuber まず、名倉が提示する限りでの四方対象の理解を行う。ここでは、グレアム・ハーマンの主張との正誤は問わない。あくまで名倉の言葉づかいを理解するためのステップだ。なお、名倉がOOOへのVTuber(以下「VTuber」はバーチャルYouTuberを指す。)の貢献について議論する部分は主題的には扱わない。本稿は、あくまで名倉の議論がVTuberの分析にどう寄与しうるかを検討するものであり、OOOそのものに関心はないからだ。 1.1. 名倉の四方対象 名倉は、援用する「オブジェクト思考存在論(Object Oriented Ontology: OOO)」を次のように説明する。