ecrito.fever.jp
Interview:ウィリアム・ブリテル「ニュー・アムステルダムの中心人物が語る、新作『Spiritual America』とジャンル流動性(Genre FLuidity)」
聞き手・構成・翻訳/大西常雨 2019年6月10日 Skypeにて 創造的な音楽の中心として、知る人ぞ知る存在のニューアムステルダム・レコード。今年になって名門の老舗レーベル、ノンサッチと3作品を共同リリースすることが発表され、いよいよ存在感を増し始めた。そのレーベルの共同創設者の顔を持ち、さらにはその共同リリース作品に新作『Spiritual America』が選出されたウィリアム・ブリテル。インディー・クラシックの由来から、自身の提唱する流動的ジャンル性、 新作の経緯、レーベルに至るまで語る。 ――まずは、ノースカロライナ州の子供時代からNYに行くまで聞かせてください。 ウィリアム・ブリテル(以下、WB) ノースカロライナ州の小さな保守的な町で育ち、その後カントリー音楽で有名なテネシー州ナッシュビルの学校に移り、さらにその後大学院進学のためNYCに引っ越した。数年後に大学院をやめてバンドで演奏した後、再び作曲に戻ることになる前の話だね。 ――あなたは宗教的に保守的な街で育ちましたが、その背景からは随分と変わった音楽を作っています。そして不可知論者と聞いていますが、日本から見ると特にわかりにくいのです。まずあなたの宗教的バックグラウンドについて教えてくれますか。 WB 自分の通ったキリスト教系の小学校や、子供の頃所属していた保守的なキリスト教社会では、キリストが人類の罪のために死んだことを信じて救われるか、信じて地獄に行くかの2択しかない。閉塞的な社会で育ったせいで、ほかの地方にどんな宗教的特色があるかなんてわからなかった。結局、私の家族が私より先に教会を離れたので、自分自身はあるとき信仰を捨てるというプロセスを経験することはなかったものの、20代になって、仏教によって、世界や現実にいることに興味を持った。そして、しばらくの間、自分に安らぎと世界認識の構造を与えてくれたんだ。 主体的な信仰がないとわからないように感じたので、転生とカルマを受け入れることは自分には困難だった。今は無神論に落ち着いている。呼吸法を利用した瞑想の経験上、大きな存在論的な問いすべてに対する確かな答えは見つからないと感じ、不可知論が適切であるように感じる。