ecrito.fever.jp
山戸結希インタビュー(『ホットギミック ガールミーツボーイ』):連載「新時代の映像作家たち」
山戸結希自ら企画・プロデュースを務めた『21世紀の女の子』(2018年)に続き、長編としては第5作目となる『ホットギミック ガールミーツボーイ』(2019年)が公開された。大学在学中に発表された初監督作品『あの娘が海辺で踊ってる』(2012年)以来、一貫して山戸結希は「女の子」の物語を撮り続けている。本作『ホットギミック ガールミーツボーイ』では、堀未央奈が演じる主人公の初(はつみ)と、複数の「男の子」の関係性が描かれる。これまでの監督作品からのテーマの変遷、撮影における方法論、その特異な台詞構成などを伺った監督へのインタビューをお送りする。 (取材・構成:伊藤元晴、山下研、若林良) (C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会 『ホットギミック ガールミーツボーイ』が描くもの ――成田初(はつみ)役を演じた堀未央奈さんのキャスティングは、山戸監督たっての希望と伺いました。堀さんをキャスティングした理由を教えて頂けないでしょうか。 山戸結希 2016年2月に乃木坂46のMV(『ハルジオンが咲く頃』)を監督したときが始まりでした。そのときほとんどお話する時間はなかったのですが、大人数のなかで立っている堀さんが、たった一人で佇んでいるように視え、存在が心に残りました。 そのうらはらな在り方が灼き付くような。そうして今回、最初に心に浮かんだのが堀さんでした。 ――デビュー作の『あの娘が海辺で踊ってる』(2012年)から『おとぎ話みたい』(2014年)、『溺れるナイフ』(2016年)と、山戸さんは理想的な他者を巡る初恋の物語を多く撮ってきたように思います。一方で、今回の『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、初の「私の初恋は終わってしまったんだね」というセリフが印象的です。今回、描いたテーマ自体にこれまでと変化はありますか。 山戸 『溺れるナイフ』にせよ『ホットギミック ガールミーツボーイ』にせよ、ひとつのすでに先行して存在するジャンルの映画――ロマンチック・ラブを撮るんだという意識は当然ありましたね。しかしそれと相反して、性愛のモチーフだけで120分を使い果たして良いのか、という回路も同じく見えていました。ティーンムービーを撮るとき、必ず性愛だけではなくてもうひとつモチーフが必要になりますし、それゆえに作家的土壌にもなり得ると思っています。