ecrito.fever.jp
『ヱクリヲvol.10』刊行イベント「一〇年代ポピュラー文化のアニマ」さやわか×名倉編×みるくぷりん×高井くらら
 『ヱクリヲvol.10』一〇年代ポピュラー文化――「作者」と「キャラクター」のはざまで特集ではアニメ、漫画、ゲームなどポピュラー文化において、「鑑賞者」誰しもが「作者」のように「キャラクター」を使役して消費することができる一〇年代の状況について考えた。そのようなコンテンツではそれが反転した「キャラクターに選択させられている鑑賞者」として、またそのような社会では「社会のキャラクター」として、わたしたち=鑑賞者も使役され消費されているのではないかという問題提起を行った。 一〇年代のこの状況に繋がるのは、「使役して消費したい」と思わせる「魅力的なキャラクター」の存在である。ゼロ年代に東浩紀が「データベース消費」として提示したように、鑑賞者が記号の組み合わせであるキャラクターを愛でることはもはや当たり前になった。そして一〇年代では愛でるどころか、YouTuber/VTuber・Twitterアカウント・聖地巡礼など、「キャラクター」はわたしたち人間(「鑑賞者」「作者」)と同列に存在していることも当たり前になっている。 「鑑賞者」が「作者」のような力を手に入れて「キャラクター」のようになったのであれば、一〇年代においては「作者」もまた「キャラクター」なのではないか。そこで誌面の「鑑賞者」についての議論に対し、本イベントではこれまで「キャラクター」を使役する特権的立場であった「作者」たちに話を伺う。漫画『qtμt キューティーミューティー』の原作担当のさやわか、小説『異セカイ系』の筆者名倉編、Vtuberのみるくぷりん――彼/彼女らはそれぞれ「作者/鑑賞者/キャラクター」の区分を実際に越境していると言える。 「作者/鑑賞者/キャラクター」の区分がないのが一〇年代なのであれば、誰もが使役し消費される時代なのであれば、むしろ、「キャラクター」などというものは存在しないのかもしれない。ではこの時代に、これまで「キャラクター」と呼ばれていた者たちはどのように(「キャラクター」の枠を超え出る可能性を持つように)、命を吹き込まれているのだろうか。それがわかれば、「わたしたち鑑賞者も使役され消費されているのではないかという問題提起」に対して、わたしたちはどのように生きるかを思索する手がかりとなるだろう。