ecrito.fever.jp
「コールド・ウォー」と映画と音楽の自由――『COLD WAR あの歌、2つの心』レビュー
1、 パヴェウ・パブリコウスキの新作『COLD WAR あの歌、2つの心(以下、『コールド・ウォー』)』の「首」にまつわるある奇妙なショットを忘れることができない。本作は終戦直後から60年代にかけてポーランドとパリ、鉄のカーテンをまたいで東西のいくつかの都市を行き来する一組のカップルを追いかけたメロドラマだ。そこにはヒロイン、ズーラの頭部をまるで断頭台の生首のように画面の中心に据えた風変わりなショットが何度か登場する。フレーム下部で首から下を切り離すように撮られたその構図は、表情を映すためのクロースアップとも、会話を映すときの切り返しにつかうバストショットとも異なる。これはなんのためにあるのだろう。 結論から言えば、これは視覚ではなく聴覚を重視するためにつくられたもののようだ。ショットの役割がもっとも顕著に現れるのは、パリで歌手デビューの決まったズーラが「Dwa Serdszka」のレコーディングに臨むシークンエスである。白い壁に囲まれた防音室でマイクに向かって歌い出す彼女を眺めるカメラは、彼女の顔が声の発生源であることとその声が響き渡る背景の空間を強調する。同じアプローチの構図は、彼女がオーディションでソビエトの劇映画の挿入歌を歌う場面や、舞台上でソ連国歌を歌う場面にも登場した。それは視覚情報としての顔を見せるクロースアップとも、次のショットとのつなぎを維持するための映画文法のクリシェとも異なるものだ。「首ショット」は音楽に従事する身体についての表象だった。 2、 もう少し広い視野で分析してみよう。近年、プロット上の重要な契機を音楽が担う映画が増えている。2019年のアカデミー賞を中心とした賞レースでは、本作が外国語映画賞、監督賞にノミネートを果たしたのに加え、作品賞をはじめとした主要部門だけで他にも3作品、実在のミュージシャンの伝記や、本業歌手のスクリーンデビューとして音楽家が登場する「音楽映画」と呼びうる映画たちが授賞式を彩った。