ecrito.fever.jp
写真批評の通路――『ヱクリヲ9』『パンのパン 03』写真特集〈合同〉刊行イベント 倉石信乃×松房子×きりとりめでる
2018年11月末、2つの批評誌が写真特集を刊行した。『ヱクリヲ vol.9』「写真のメタモルフォーゼ」特集号と、『パンのパン03 たくさんの写真についての論特集号』である。ますます「写真」が、あらゆる場所・メディア・行為に浸透する現代において、メディアアーティストや写真研究者、美術批評家といった様々な立場の書き手から提起された写真論は、これまでの写真批評の流れと連動しうるのか。「写真分離派」の1人でもある倉石信乃を招いて開催した、「写真批評」に焦点をあてたトークイベントの一部を紹介する。(2019.01.29 SCOOLにて) 『写真分離派宣言』世代の写真家、デジタル写真とカラー写真の台頭 鈴木理策、鷹野隆大、松江泰治、清水穣、倉石信乃『写真分離派宣言』(青幻舎、2013年2月刊) 松房子(以下、松) 私は『写真分離派宣言』(図1)1の表紙がすごく好きなんですが、この表紙は写真をめぐる言説の解が一つではないことを視覚的に示してくれていると思います。(刊行年である)2012年は、フィルムで撮るのかデジタルで撮るのか、写真に携わる人たちは皆、この問いと向き合わざるを得ないような雰囲気があったよう記憶しています。刊行当時の状況や発刊の経緯などを伺えるでしょうか。 倉石信乃(以下、倉石) 当時、それぞれの人間関係はあったりなかったりでした。清水穣さんには2003年にグラーツ(オーストリア)で現代日本写真展2があったとき、日本の写真関係者がは大挙して参加していたんですが、そのトークセッションでご一緒したことがありました。意外に話が弾んだのを覚えています。鈴木理策さんと鷹野隆大さんとはほとんど面識がなかったですね。エキセントリックな面々が多いですが、そのなかで一番の常識人である鷹野さんが発起人となり、私にも声をかけてくれたんです。 いわゆるフィルムからデジタルへの移行期でもあって、多くの写真家が悩んでいたり危機感を感じたりしていた頃だと思います。今から約10年前ですが、テクノロジーの過渡期でしたね。写真分離派のなかで、銀塩の写真についてプリントのレベルを顕著に探求していたのは松江(泰治)さんだったと思いますが、それでもデジタルへの転換が――これは強がりだったのかもしれませんが――喜ばしいと最も強く言っていたのも松江さんでした。